緊急


前提条件
  • テレフォニー > ; プラグイン > ; すべて 許可

緊急グループを作成して通話ルートに関連付けると、火災、自然災害、停電など、計画外または半計画の重要なイベント中にコールルーティングの動作を変更するルーティング機能を迅速かつ効率的に有効にできます。実際の緊急事態の前に機能をテストするには、有効化および無効化機能を使用します。


フロリダにコールセンターがあり、カリフォルニアにコールセンターがあるとします。フロリダコールセンターは緊急事態を持っている場合 ;例えば、建物の避難を必要とする火災警報、緊急事態はカリフォルニアのオフィスに影響を与えません。このような場合は、フロリダ州オフィスのコールルートとカリフォルニア州オフィスのコールルートを作成できます。次に、各コールセンターの緊急ルーティングを設定します。

両方のコールセンターに、スケジュールベースのルーティングに同じプライマリコールフローが含まれていることに注意してください。

ただし、緊急ルーティングは両方のコールセンターで異なります。カリフォルニアの緊急ルーティングは非アクティブです :

フロリダの緊急ルーティングはアクティブです :

別の緊急ルーティング構成では、1つのセンターの緊急ルートをアクティブにすることができます。

メモ: 赤い炎インジケータをクリックして、Acme フロリダ緊急ルート設定を開き、構成を表示または更新します。


組織の緊急グループを管理するには、[ 管理者. 下 ルーティング, クリック 緊急 事態.[緊急事態] ページで、アクティブおよび非アクティブの緊急グループとその関連作業手順の一覧を表示できます。

名前 説明
新規追加  クリック このボタン 新しい緊急グループを作成します。
削除する 削除する緊急グループを1つ以上選択した後、このボタンをクリックします。PureCloudは削除する前にあなたの決定を確認するようにあなたに求めます。
緊急グループの検索 検索する緊急グループの最初の数文字を入力します。PureCloudはリストをフィルタリングし、選択を絞り込みます。
緊急グループ この列のリンクは、各緊急グループを表します。緊急グループ名を編集するには、リンクをクリックします。
影響を受けたルーティング この列には、緊急グループに関連付けられた作業手順が表示されます。
ボタンのアクティブ化と非アクティブ化 これらのボタンを使用して、緊急グループを有効または無効にします。

緊急グループをアクティブにすると、緊急用に選択されたフローは、発信者がそのフローに入ったときに実行されます。または、Eメールフローでスケジュール決定アクションを設定した場合は、Eメールがフローに入るときにArchitectが指定された緊急パスを選択します。

緊急事態の詳細については、次の記事で概説されているタスクを参照してください。

タスク 説明
緊急グループを追加する スケジュールで使用する緊急グループを作成します。
緊急グループを管理する 緊急グループの名前の変更、検索結果のフィルター処理、古い緊急グループの削除
緊急グループを有効または無効にする 緊急グループを有効または無効にします。