メッセージルーティングの概要


前提条件

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る
  • ルーティング > ; メッセージ > ; 管理する
  • ルーティング > ; キュー > ; 追加する 削除する 参加する、そして 見る 

    [メッセージのルーティング] タブでは、アクティブな受信メッセージフローと、それらに関連付けられているプロビジョニング済みの着信番号またはアドレスの一覧を表示できます。ユーザが特定の着信番号にメッセージを送信すると、PureCloud は、関連付けられたインバウンドメッセージフローに ACD メッセージをルーティングします。組織のメッセージルーティングを管理するには、[ 管理者. [ルーティング] で、 クリック メッセージルーティング.

    注意:メッセージは短く非同期です。たとえば、ユーザーは2つのメッセージを送信し、エージェントから応答を受信してから、数時間後にさらに2つのメッセージを送信します。PureCloudは、メッセージ間の切れ目が72時間未満である限り、複数のメッセージを同じ会話の一部として扱います。最後のメッセージから72時間を超えて中断がある場合、PureCloudは新しい会話を開始します。

    PureCloud は、メッセージを会話の一部としてグループ化するときに、同じ顧客から同じエージェントにルーティングし、会話の履歴をエージェントに表示します。エージェントは、処理している会話の各部分をまとめます。これは、複数の個別のメッセージで構成されることがあります。

    名前 説明
    追加 クリックしてメッセージルーティングページを開き、着信メッセージフローをダイヤルされたアドレスにマップします。
    インバウンド メッセージ フロー この列のリンクは、特定の着信番号またはアドレスに関連付けられた受信メッセージフローを表します。エントリを開き、フローに関連付けられている受信番号を編集するには、目的のリンクをクリックします。
    フロー名でフィルターをかける 検索する受信メッセージフローの最初の数文字を入力します。PureCloudはリストをフィルタリングし、選択を絞り込みます。
    インバウンドアドレス この列には、指定された受信メッセージフローを入力するために使用するプロビジョニング済みの着信番号またはアドレスが含まれます。
    もっと

    検索する着信番号の数桁を入力し始めます。PureCloud は、リストをフィルター処理し、選択範囲を絞り込みます。このボタンをクリックします。

    • Architect で受信メッセージのフローを開きます。
    • 受信メッセージフローに関連付けられている着信番号またはアドレスをクリアする

    メッセージのルーティングの詳細については、次の記事で概説されているタスクを参照してください。

    タスク 説明
    受信メッセージルートを追加する 受信メッセージルーティングエントリを作成して構成し、プロビジョニングされた着信番号またはアドレスを関連付けます。
    受信メッセージルートを管理する 受信メッセージルートの選択したメッセージフローを変更し、プロビジョニングされた受信番号またはアドレスに関連付けられる住所を追加、更新、または削除します。