発話は、ユーザーが何をしたいかを説明するのに使用するサンプルフレーズです。 例えば、"I want to book room for tomorrow" または、"I want to reserve room for tomorrow." のように。 これらの発話は両方とも同じ意図を伝えています。 明日の部屋を予約します。 

発話は、1つ以上のスロット、またはスロットを含まないことを含み得る。 この発言を考えてみましょう。「明日から3泊スイートを予約してください。」ボットは発話で言及されたスロット(スイート 1 室、3 泊、明日)を識別し、対応するスロット タイプにマッピングします。必要な部屋数、宿泊日数、日付は組み込みのスロット タイプにマッピングできますが、リクエストされた部屋のタイプ (エグゼクティブ) はカスタム スロット タイプにマッピングできます。

この記事はGenesys Dialog Engine Bot FlowsとGenesys Digital Bot Flowsに関するものですが、このビデオではGenesys Dialog Engine Bot Flowsを使って発話がどのように機能するかをデモしています。

サンプルの発話を作成する際は、それぞれの意図についてバリエーションと幅広い意味論を作成するようにしてください。 ベストプラクティスでは、同じフレーズのバリエーションを複数作成することを推奨します。

インテント・ヘルス

インテント・ヘルスは、インテントを構築する際のガイドとなり、インテントとトレーニング発話のパフォーマンスをより簡単かつ正確に改善するためのツールを提供します。 ビューを使用して、トレーニングデータに基づくインテントのヘルススコアを確認し、ヘルススコアに影響する発話の改善に役立つ推奨事項を分析します。 インテントヘルスビューでは、これらの分析ポイントを含む主要なパフォーマンスデータを確認することができます:

  • 各インテントスコア
  • 混乱する可能性のある発話、重複する発話、外れ値、長すぎる発話など、各発話を改善するための推奨事項
  • 各発話を改善するための推奨事項
  • 重大度カウントの降順に並んだ発話のリスト。
 メモ:   アーキテクトは、インテント検証エラーが存在しない場合(例えば、デフォルト言語での発話が2回未満)のみヘルスを計算します。

詳しくは、Bot intent healthの概要Intent healthを使った作業Intent healthの考察と例 をご覧ください。