正規表現スロットタイプのテスト

Genesys Dialog Engine Bot FlowsとGenesys Digital Bot Flowsで正規表現のスロットタイプを作成すると、フローを公開する前または後に表現をテストすることができます。

スロットタイプの作成時に[発言テスト]フィールドを使用すると、サンプル発話を作成して発言をテストし、新規または既存の正規表現を検索して、発言テキストに一致するものを強調表示することができます。 このプロセスにより、サードパーティツールを使用して式を作成およびテストする必要性が軽減され、また、ボットフローでこれらの式をどのように使用するのが最適かについての洞察を得ることができるようになります。

画像をクリックして拡大します。

発言テストの表示

  • 発言テスト ボックスで、定義された正規表現テスト用の定義されたサンプル発話を追加します。
  • 正規表現の行で、定義した正規表現を追加してパターンを検索し、発言テストに一致するものを特定します。 

メモ: 
  • ボットは正規表現のマッチを上から下へ評価する。 例えば、正規表現リストの3行目、4行目、6行目がサンプル発話にマッチする場合、ボットは3行目だけをハイライトして使用します。
  • 発言テストの複数の要素が式にマッチする可能性がある場合、最後にマッチした要素が優先されます。 例えば、テスト文字列に3つのマッチがある場合、ボットは文字列の最後に最も近いマッチを選択します。
  • 正規表現を保存すると、最後にマッチした発言テストと正規表現の両方が黄色のハイライトで表示されます。 
  • 正規表現を保存しないか、編集モードのままにしておくと、一致する発言テストが青くハイライトされて表示されます。 

サンプル発話を正規表現に照らしてテストする

サンプル発話を正規表現に照らし合わせてテストするには、以下の手順に従います。

  1. 既存のボットフローやデジタルボットフローを開くか、新規に作成します。.
  2. 自然言語理解で、 スロットをクリックします。
  3. スロットを追加をクリックします。
  4. スロットに意味のある名前を付けます。 例えば、ZipCodeLocations。
  5. AssociatedSlot Type の下で、New RegEx をクリックします。
  6. カスタムRegExスロットタイプに意味のある名前を入力します(例:Zip Code)。 名前を入力しない場合は、アーキテクトが代わりに名前を追加します。
  7.  保存するをクリックします。
  8. 新しいRegExスロットタイプをクリックします。
  9. 正規表現のスロットタイプ値を1つ以上追加する。 例えば、\b[0-9]{5}\b.
  10. 発言テスト ボックスに、正規表現にマッチさせたい例の文字列を入力します。 例えば、"46167に一番近いレコーディングスタジオは?"といった具合です。
    注意: ボットフローが一致を見つけた場合、発話と保存された正規表現との一致を黄色でハイライトし、発話と保存されていない正規表現との一致を青色でハイライトします。