スイッチ動作


switchアクションは、1つ以上の式のケースを評価した後に条件付きで分岐します。このアクションは判断アクションに類似し、複数のケースを評価するときに簡単に設定できます。に切り替えアクションを設定する いつ、どの状況下で、Architectによって行われるべきかを指定します。 切り替え操作の詳細については、クリックして次のセクションを展開してください。

Architectでは、タスクエディタでケースラベルを簡単に表示できるため、切り替えアクションは簡単です。各値は1つのケースであり、関連する変数はそれぞれのケースでチェックされた後に実行されるか、オンになります。スイッチがオンになっている変数がケースと等しい場合、Architectはそのケースに続くステートメントを実行します。

たとえば、アカウントのステータスに基づいて、発信者に対して特定の音声を再生したいとします。そのアカウントで遅延なく支払いが行われている場合、発信者にもうすぐ行われるプロモーション情報を再生することができます。アカウントの支払いが期限を経過している場合、利用できる支払い方法の種類を発信者に提供することができます。アカウントが滞納している場合、適切な部署にコールが転送されることを発信者に通知することができます。発信者がアカウントを持たない場合、発信者にデフォルトのプロンプトを再生することができます。切り替えアクションはコール フローのビジュアルなタスク エディターでこれらのオプションを配置するのに役立ちます。

スイッチの最後に表示されるデフォルトのケースを含め、スイッチ内に最大64のケースを含めることができます。デフォルトケースは以前のケースがどれもTrueでないときのタスク実行に使用することができます。また、ケースのステートメントとして別の切り替えアクションに分岐することができます。


デフォルトでは、「切り替え」アクションはブール式の構成を提示します。ただし、式の種類を選択するときは、式の種類がcaseステートメントと一致する限り、任意の式を使用できます。式を評価スタイルとして使用して[切り替え]アクションを作成するときは、次の点を考慮してください。

  • 式の種類はケースの種類と一致する必要があります。ブール式はブール ケースを持つ必要があり、文字列式は文字列ケースを持つ必要がある、などです。
  • 評価される式の式タイプが変わると、 ケースをに変更 ボタンが表示されます。このボタンのラベルは式の種類によって異なります。 
  • リテラルモードの場合は、 ケースをに変更 Architectボタンを押すと、以前に入力したすべての値がリセットされます。このボタンをクリックする前に注意を払ってください。式モードで入力する値はリテラル モードに切り替えない限り損なわれることはありません。
  • をクリックすると ケースをに変更 ボタンをクリックすると、ケース値ボックスが選択した式変数の入力を受け入れるように変わります。


説明
 切り替えアクションのわかりやすい名前を入力します。

評価スタイル

次のうちいずれか 1 つを選択します。

  • Trueを返す最初のケースのパスをたどります。初めて条件が True の値を返すと、Architect はそのパスを辿りその他のケースに移りません。
  • 以下の式に一致する最初のケースのパスをたどる。 初めてのこと conditionが指定された式と等しい場合、Architectはそのパスをたどり、それ以降のケースには移動しません。

あなたが選ぶなら 以下の式に一致する最初のケースのパスをたどるここに希望の式を入力してください。

ケース

[ケース構成]ボックスでブール式を定義します。デフォルトでは、これらのボックスはリテラルモードです。リテラルモードと式モードを切り替える より詳細な表現を入力する、または 大きな式エディタにアクセスする 演算子と関数のヘルプ。

あなたもすることができます:

  • ケースを削除するには、[X]をクリックします。
  • 上下の矢印を使用して、ケースをアクション内の別の場所に移動します。

ケースの追加

さらにケースを追加するときにクリックします。許容される最小ケース数は(デフォルトに加えて)1で、許容される最大ケース数は64です。

デフォルト ケース

これは、追加されたケースが適用されない場合のフローのデフォルトパスです。
注意:切り替えアクションのデザイン領域で評価スタイルと切り替えケースを定義した後、タスク エディターで各ケースの下に希望するアクションを追加したことを確認してください。