タスクにスイッチアクションを追加


このアクションは、コールがあらかじめ定義されている制約がある場合はそれに応じて、フローが通るパスを指定します。このアクションは判断アクションに類似しており、複数の条件の評価を必要とする状況がある場合は、簡単に設定できます。このアクションはタスクでのみ利用可能です

注意:タスクに切り替えアクションを作成する前に、確認してください。 切り替えアクション Architectでの動作。
  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 論理的 カテゴリをドラッグして スイッチ コールフローメニューの適切な場所への操作。
  5. スイッチアクションデザイン領域の  フィールドには、切り替えアクションのわかりやすい名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、切り替えアクションの名前になります。
  6. 評価領域で、次のいずれかを実行します。
    • 選択する Trueを返す最初のケースのパスをたどります Architectに、条件が初めてTrueの値を返すときにパスをたどるように指示してから、フローを続行します。
    • 選択する 以下の式に一致する最初のケースのパスをたどる Architectにパスtをたどるように指示する彼は初めて conditionが指定された式と等しい場合は、切り替えアクションを終了します。


      デフォルトでは、「切り替え」アクションはブール式の構成を提示します。ただし、式の種類を選択するときは、式の種類がcaseステートメントと一致する限り、任意の式を使用できます。式を評価スタイルとして使用して[切り替え]アクションを作成するときは、次の点を考慮してください。

      • 式の種類はケースの種類と一致する必要があります。ブール式はブール ケースを持つ必要があり、文字列式は文字列ケースを持つ必要がある、などです。
      • 評価される式の式タイプが変わると、 ケースをに変更 ボタンが表示されます。このボタンのラベルは式の種類によって異なります。 
      • リテラルモードの場合は、 ケースをに変更 Architectボタンを押すと、以前に入力したすべての値がリセットされます。このボタンをクリックする前に注意を払ってください。式モードで入力する値はリテラル モードに切り替えない限り損なわれることはありません。
      • をクリックすると ケースをに変更 ボタンをクリックすると、ケース値ボックスが選択した式変数の入力を受け入れるように変わります。

  7. 定義済みの式に一致する最初のケースのパスを選択する場合は、[式]ボックスに目的の式を入力します。
  8. デフォルトのケースと表示されている3つのケース以外に追加のケースを追加するには、をクリックします。 ケースを追加 ボタン。
  9. それぞれの場合について、以下の手順を実行します。
  10. タスクエディタで、各ケースの結果に基づいて適切なアクションを追加して、[切り替え]アクションを完了します。
  11. (オプション)上下の矢印を使用して各ケースの順序を調整します。
  12. ケースを削除するには、をクリックしてください。 バツ
  13. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。