Salesforceデータアクション統合のリリースノート

この記事では、このリリースのすべてのリリースについて説明します。 Salesforceデータアクション統合

2022年1月19日

  • データ削除アクションのサポート

    管理者は、HTTP DELETEメソッドを選択して、統合サービスからデータを削除できるようになりました。 詳細については、 統合のカスタムアクションに構成を追加する. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

2021年2月24日

  • 動的キーの速度マクロ

    管理者は、SuccessTemplateUtils.moveKeysIntoArraysOfObjects マクロを使用して、Architect と互換性のある形式にデータを変換できるようになりました。 速度マクロ。

2020年7月29日

  • TLS 1.1プロトコル廃止除去

    オン 、GenesysはTLS 1.1プロトコルを使用してGenesys Cloudに接続する機能を終了しました。 データアクションは、TLS 1.1およびTLS 1.3エンドポイントを使用してRESTエンドポイントに接続できます。 廃止予定: TLS 1.1プロトコル

2020年5月13日

2020年4月1日

2020年3月18日

2020年2月19日

2019年10月30日

2019年10月16日

2019年8月7日

2019年2月27日

  • データアクションレスポンスのエラーコード

    テスト中のデータアクションレスポンスのエラーコードに関するドキュメントを追加しました。 テスト中にデータ操作が失敗する。

2018年11月21日

2018年8月29日

2018年4月18日

  • データのインポートまたはエクスポートアクション

    データアクションは、あるデータアクションから別のデータアクションにインポートするために契約と構成をエクスポートすることで、Genesys Cloud組織全体で再利用できるようになりました。 データアクションをインポートまたはエクスポートする。 

2018年1月10日

  • 速度マクロ

    successTemplateUtils.firstFromArrayマクロに関するドキュメントを更新しました。 速度マクロ。

2018年1月3日

  • コンテンツリスト

    統合に関連するすべてのコンテンツのリストを追加しました。 コンテンツリスト。

2017年12月13日

  • 速度マクロ

    データアクションのテンプレートで使用できるVelocityマクロに関するドキュメントを追加しました。 速度マクロ。

2017年9月20日

  • カスタムアクション

    カスタムアクションは、統合で使用できるようになりました。 統合について。

2017年6月28日

2017年5月9日

  • Salesforceデータアクション統合の初期リリース

    Salesforceデータアクション統合はGenesysクラウドサービスとして実行され、Genesys Cloud全体でSalesforceのデータに基づいて動作できる静的アクションを提供します。 この統合は、Genesys Cloud Bridge Server上で実行された以前のSalesforceデータディップコネクタを置き換えます。 Salesforceデータアクションの統合。