読み取り専用テキストコンポーネントを使用すると、エージェントが実行時に変更できないテキストを追加できます。 読み取り専用のテキストは、エージェントへの記述による指示を表示したり、制御に名前を付ける際に便利です。 編集可能なテキストを追加するには、 テキスト入力 成分。

  1. クリック テキスト コンポーネントツールバーのアイコン。  

  2. エージェントに読み取らせるテキスト、または他のコンポーネントを説明するラベルを入力します。 たとえば、「名:」と入力します テキスト入力ボックスにラベルを付けます。

    ヒント:   変数の実行値を埋め込むには:

    1. 立方体形のアイコンをクリックします。

    2. リストから変数を選択します。  

      図は、読み取り専用テキストにエンベデッドされた変数を示します

      実行時に、変数の値が代入されます。

  3. このコンポーネントのその他のプロパティを設定します。 

    一般

    フォント設定はテキストの外観を変更します。 フォント フェイスとサイズを変更します。 太字、斜体、下線を組み合わせて適用します。 囲まれているコンテナー内のテキストを両端揃えにします。

    アイテム 説明

    フォント フェイス

    選択可能なフォントのリストを表示します。 次に、コントロールのすべてのテキストを選択したタイプフェイスに設定します。

    font-size

    フォントサイズを選択したポイント数に設定します。

    font-bold

    コンポーネント内のテキストに太字の太さを適用します。

    font-italic

    コンポーネント内のテキストに斜体のフォントスタイルを適用します。

    font-underline

    コンポーネント内のテキストに下線を引きます。
    justification-left 親コンテナに対してコンポーネントを左寄せにします。
    justification-center 親コンテナに対してコンポーネントを中央揃えにします。
    justification-right 親コンテナに対してコンポーネントを右寄せにします。

    テキストの色を次のいずれかに設定します。

    settings-bg-color-popup2
    • 既定: 既定の色を割り当てます。

    • 色: 一般的な色のパレットから選択するか、RGB 値を入力するか、またはカラーピッカーを新しいスペクトラム位置に移動することによって、独自のカラーを選択することができます。 テキストと背景の色の設定は、外観パネル。 このプロパティ パネルは、カラー機能を持つコンポーネントでのみ使用できます。
      クリック 選択 現在の選択を割り当てます。

      settings-text-color-popup-colors

    • 変数: 文字列変数に格納されている色を割り当てます。 例えば、濃青色を割り当てるには、以下の手順を実行します。

      1. クリックし、 変数 ] タブ。

      2. クリック + 変数を追加します。

        図は、新しい変数を追加するボタンを示しています

      3. 選択 文字列 新しい変数が格納する値の型として。

      4. 名前ボックスにわかりやすい名前を入力します。

      5. 設定 デフォルトの開拓E 0000FF または #0000FF するには-ダークブルーの16進数コードです。

        select-color-in-variable

      6. 適用するをクリックします。
      7. このカラープロパティに変数を割り当てます。

        mycolor-variable

    複数のコンポーネントには、通常、デザインモードでコンポーネントをダブルクリックすることによって変更できるテキストプロパティがあります。

    • ボタン: ダブルクリックして、[送信] を別の名前に変更します。

    • ラジオボタン または Checkbox: ダブルクリックすると、ラベルがよりわかりやすい名前に変更されます。

    • 読み取り専用テキスト-読み取り専用テキストコンポーネントに表示されるテキストを変更するには、コンポーネントをクリックし、ボックスにテキストを入力します。

    レイアウト

    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、幅を固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定 説明
    スクリプト・レイアウト・オート・サイジング 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。 例えば、ラベルの幅はテキストの量に応じて拡大することができます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。 この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。 最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    スクリプト・レイアウト・ピクセル 固定サイズをピクセル単位で設定します。 ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。 コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。

    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、高さを固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定 説明
    スクリプト・レイアウト・オート・サイジングの高さ 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。
    スクリプト・レイアウト・ピクセルズ・ハイト 固定サイズをピクセル単位で設定します。 ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。 コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。 この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。 最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    親コンテナを基準にして、コンポーネントを左、右、または中央に揃えます。

    ヒント:   親コンテナーの高さ設定が [自動サイズ変更] に設定されている場合、コンポーネントは垂直方向を基準にして中央揃えにすることはできません。 これを修正するには、親コンテナのHeightをに設定します。 ストレッチ またはの一定の高さに ピクセル数
    設定
    align-left2 align-left-example2
    align-center2 align-center-example2
    align-right2 align-right-example2
    align-start align-start-example
    align-vertical-center align-vertical-center-example
    align-vertical-end align-vertical-end-example

    余白は、境界線の周囲の上下左右の間隔を設定します。

    画像は、余白、境界線、およびスペース設定の関係を示しています

    1. 必要に応じて一度にすべてのマージン値を更新するには、を押します。 すべて設定 プロパティパネルの[余白]ボタンをクリックします。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 余白の値フィールドをクリックします。 そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して、余白を増減します。 もし すべて設定 を選択した場合、変更はすべての余白に適用されます。

      settings-margin-spinner

      コンポーネントは新しいマージン設定を使用してすぐに再配置されます。

    ブール(TrueまたはFalse)変数の値に基づいてコンポーネントの表示/非表示を設定します。

    1. クリック レイアウト プロパティグループ Visibleの下にあるをクリック 変数を選択
    2. 変数を選択するか、オプションで新しいYes / No変数を作成してから、その新しい変数を 見える 財産。
    3. 実行時には、変数の値がTrueのときにコンポーネントが表示されます。 逆に、変数の値が
    表示

    フォント設定はテキストの外観を変更します。 フォント フェイスとサイズを変更します。 太字、斜体、下線を組み合わせて適用します。 囲まれているコンテナー内のテキストを両端揃えにします。

    アイテム 説明

    フォント フェイス

    選択可能なフォントのリストを表示します。 次に、コントロールのすべてのテキストを選択したタイプフェイスに設定します。

    font-size

    フォントサイズを選択したポイント数に設定します。

    font-bold

    コンポーネント内のテキストに太字の太さを適用します。

    font-italic

    コンポーネント内のテキストに斜体のフォントスタイルを適用します。

    font-underline

    コンポーネント内のテキストに下線を引きます。
    justification-left 親コンテナに対してコンポーネントを左寄せにします。
    justification-center 親コンテナに対してコンポーネントを中央揃えにします。
    justification-right 親コンテナに対してコンポーネントを右寄せにします。

    テキストの色を次のいずれかに設定します。

    settings-bg-color-popup2
    • 既定: 既定の色を割り当てます。

    • 色: 一般的な色のパレットから選択するか、RGB 値を入力するか、またはカラーピッカーを新しいスペクトラム位置に移動することによって、独自のカラーを選択することができます。 テキストと背景の色の設定は、外観パネル。 このプロパティ パネルは、カラー機能を持つコンポーネントでのみ使用できます。
      クリック 選択 現在の選択を割り当てます。

      settings-text-color-popup-colors

    • 変数: 文字列変数に格納されている色を割り当てます。 例えば、濃青色を割り当てるには、以下の手順を実行します。

      1. クリックし、 変数 ] タブ。

      2. クリック + 変数を追加します。

        図は、新しい変数を追加するボタンを示しています

      3. 選択 文字列 新しい変数が格納する値の型として。

      4. 名前ボックスにわかりやすい名前を入力します。

      5. 設定 デフォルトの開拓E 0000FF または #0000FF するには-ダークブルーの16進数コードです。

        select-color-in-variable

      6. 適用するをクリックします。
      7. このカラープロパティに変数を割り当てます。

        mycolor-variable

     メモ:   スクリプトのテキストの一部を異なる形式でフォーマットするには、 マークダウンスクリプトコンポーネント