ソース.csvファイルを準備する


前提条件

以下の権限:

  • 外部連絡先 > ; 外部エンティティ > ; インポート
  • 外部連絡先 > ; 接触 > ; 見る

Genesys Cloudは、 サンプルCSVファイル 外部の連絡先や組織のために情報を適切にフォーマットするのに役立ちます。サンプルCSVファイルのデータについて詳しくは、以下を参照してください。 ソースCSVファイルのデータについて

メモ:
  • 最大ファイルサイズは10 MBです。
  • UTF-8でエンコードされたCSVファイルを保存できるのであれば、任意のツールを使用できます。
  • 複数のソースCSVファイルを使用できます。複数のソースCSVファイルを使用する場合は、ソースファイル全体で一意の連絡先IDと一意の組織IDを保持してください。そうしないと、Genesys Cloudは、新しいファイルをインポートするときに元のデータを置き換えます。
  • インポートする のみ 連絡先、完了 のみ 連絡先フィールド。
  • インポートする のみ 組織、完了 のみ アカウントのフィールド
  • 連絡先を組織に関連付けるには、外部組織情報と同じ行にある外部連絡先情報を入力します。
  • すべてのフィールドに値を指定する必要はありません。インポートプロセスによって空のフィールドが検出されると、Genesys Cloudレコードの対応するフィールドは空のままになります。
  • 国コードを含む完全なE.164電話番号を含めてください。国コードを含めない場合、Genesys CloudはUSをデフォルトとして使用します。
  1. クリック ディレクトリ > ; 外部連絡先
  2. クリック 追加する > ; 一括CSVインポート
  3. クリック サンプルCSVファイルをダウンロードする 意味のある名前で保存してください。
  4. ソースファイルを用意してください。ソース ファイルには、連絡先データと組織データの両方のフィールドが含まれています。連絡先データ、組織データ、または両方のタイプのデータのみをインポートできます。
    • 連絡先をインポートするには、一連の連絡先フィールドに入力します。以下は必須のフィールドです:
      • 連絡先 ID
      • 連絡先名
      • 連絡先姓 
    • 組織をインポートするには、一連のアカウントフィールドに入力します。以下は必須のフィールド:
      • アカウント ID
      • アカウント名
    • 詳細については、 ソースCSVファイルのデータについて
  1. ファイルを UTF-8エンコードのCSVファイル