履歴データ インポートの概要

前提条件 
  • ワークフォース管理 > 履歴データ > アップロード 許可
  • Genesys Cloudで構成されたキュー、スキル、言語

履歴データ インポート機能を使用して、履歴インタラクション データをアップロードします。労働力管理はこのデータを使用して、 自動最適方法 オプション。

メモ
  • インポートされたデータの計画グループルートパスには自動入力がありません。履歴データ ファイルをアップロードする前に、適切なルート パスをワークフォース管理プランナーまたはスーパーバイザーが特定し、手動で作成していることを確認します。
  • 正常に検証されたデータファイルは、インポートに最大24時間かかります。[保留] ステータスの場合、インポート処理は各地域の現地時間の午前 3 時頃に完了します。
  • 現時点では、組織ごとに一度にアップロードできるファイルは 1 つだけです。新しくアップロードされたファイルは、以前にアップロードされたファイルを置き換えます。
  • 過去の終了日を将来の日付に設定することはできません。Genesys Cloudでまだカットオーバーまたは稼働していない場合でも、履歴をインポートし、履歴データインポート機能を使用していつでも予測を作成できます。カットオーバー日に達したら、カットオーバー日までの履歴を含む新しいファイルをインポートし、その時点の過去の終了日の設定を変更できます。このプロセスにより、インポートした履歴とネイティブのGenesys Cloudデータの間に履歴データにギャップがないことを確認します。

履歴データの終了日は、インポートファイルに含めることができる最新の日時です。労働力管理は、過去のデータ終了日までのすべての日について、アップロードされたデータを使用します。履歴データの終了日後、ワークフォース管理はネイティブのGenesys Cloud履歴インタラクションデータを使用します。プランナーは通常、この日付をワークフォースマネジメントアプリケーションに移行する時点に設定します。

Genesys Cloudプラットフォームの初期セットアップからのテストデータがGenesys Cloudのネイティブ履歴データに含まれている場合、履歴データアップロード機能を使用して置き換えることができます。テストデータを置き換えるには、テストデータ日付範囲の最後に履歴データの終了日を設定し、予測のためにテストデータを置き換えるソースプラットフォームからのデータで履歴データファイルをインポートします。

履歴データのインポートに関する考慮事項

アップロードする.csvファイルを作成または準備する場合は、次の点を考慮してください。

  • 現時点では、組織ごとに一度にアップロードできるファイルは 1 つだけです。新しくアップロードされたファイルは、以前にアップロードされたファイルを置き換えます。
  • 最大 3 年間の履歴データをインポートできます。
  • ファイルの最大サイズは5 GBです。ファイルサイズが5 GBを超える場合は、週数を減らします。
  • 15分間隔でデータを記録する。
  • 間隔開始UTC日は、正確な15分(00、15、30、45)の間隔でなければなりません。
  • 間隔開始 UTC 日は、UTC の ISO タイムスタンプ形式にする必要があります。有効な日付形式: YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.ssZ、YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.ss、YYYY-MM-DDTHH:mm:ssZおよびYYYY-MM-DDTHH:mm:ss。
  • いずれかの間隔が欠落している場合、システムはその間隔をNULLとして入力します。
  • データのレコードごとに1つの言語のみを含めることができます。
  • スキルと言語はオプションです。
  • 複数のスキルを |||, 文字間にスペースを入れないでください。たとえば、|||分析|||予測。
  • 二重引用符でアトリビュート名のコンマを区切ります。たとえば、キュー名がミュージックの場合、dance はエントリとして「music,dance」を使用します(単一の属性)。Microsoft Excel を使用している場合、Excel が画面にセルを表示せずに自動的にセルを引用符で囲んでいるかどうかを確認します。
  • 数値フィールド(提供、インタラクション処理済み、合計処理時間)では、常に「.」を小数点表示に使用してください。