履歴データのインポート.csvファイルの準備

Genesys Cloudは サンプル .csv ファイル 履歴データ インポート用に情報を適切に書式設定するのに役立ちます。 開始する前に、 履歴データ インポートの概要. .csvファイルには次の列が含まれていることを確認します。

   説明
インターバル開始日 (UTC)

2020-01-01T01:00:00、2020-01-01T01:00:00.000、2020-01-01T01:00:00Z、2020-01-01T01:00:00.000Zと同様の日付形式

日付は正確に15分間隔で入力してください。 例:2020-01-01T01:00:00、2020-01-01T01:15:00、2020-01-01T01:30:00、2020-01-01T01:45:00

 メモ:   秒は常に00で、分は00、15、30、45です。
キュー  Genesys Cloudキューの名前。
メディア タイプ 音声、チャット、電子メール、コールバック、メッセージ。
スキル セット

(オプション)Genesys Cloudで定義されているスキルの名前。 各スキルを3つのパイプ文字で区切ります(|||)例:

記録|||分析|||予測
言語

(オプション)Genesys Cloudで設定された言語の名前。

着信 任意の有効な正の数。
処理したインタラクション  任意の有効な正の数。
合計処理時間(秒) 任意の有効な正の数。

    インターバル開始日 (UTC) キュー  メディア タイプ スキル セット 言語 着信 処理したインタラクション 合計処理時間

    2020-02-26T00:00:00Z

    キューAの例

    音声 予測|||スケジューリング|||記録 スペイン語 16 6 4

    2020-02-26T00:15:00Z

    キューBの例 チャット  analytics フランス語 14 7 6

    2020-02-26T00:30:00Z

    キューCの例 音声 予測|||スケジューリング|||記録 スペイン語 16 6 4

    2020-02-26T00:45:00Z

    キューCの例 チャット  フィードバック フランス語 14 7 6

    ローカライズされた.csvファイル

    次の属性は.csvファイルにローカライズされていません:

    • ヘッダー。 
    • 培地の種類: 音声、チャット、メール、コールバック、メッセージ。
    • [メトリック数]: オファー済み、インタラクション処理済み、合計処理時間。
    • 日付。 有効な形式で使用してください。 たとえば、YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.ssZ、YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.ss、YYYY-MM-DDTHH:mm:ssZ、YYYY-MM-DDTHH:mm:ss などです。

    この例はフランス語にローカライズされています。

    インターバル開始日 (UTC) キュー  メディア タイプ スキル セット 言語 着信 処理したインタラクション 合計処理時間
    2015-08-17T00:00:00.000Z Exemple de file d’attente 1(ファイルダッテンテ1) 音声 登録|||分析|||コメント エスパグノール 16 6 4.6
    2015-08-14T18:00:00.000Z Exemple de file d’attente 2(ファイルダッテンテ2) チャット プレビジョン|||計画 Français 14 5 8.2