この参照記事には、BYOC 構内の Edge デバイスの特定のサービスへのアクセスに必要なポートが記載されています。 ファイアウォールで構成する必要のあるその他のポートとサービスの詳細については、以下を参照してください。 ファイアウォールのポートとサービスについて

サービス トランスポート/ポート(アプリケーション) 宛先 説明
クラウド tcp/443(HTTPS/WSS) Genesys Cloud、Amazon AWS 構内の Edge デバイスから公共インターネット上の Genesys Cloud Services への安全な接続。
Edgeグループ内通信

TLS / 8063

udp / 16384-32768(SRTP)

BYOCは、同じエッジグループ内のエッジデバイスを前提としています Edgeが互いに通信するための接続。 
WebRTC クラウド tcp / 5061 Genesys Cloud、Amazon AWS EdgesがWebRTC電話用のGenesys Cloudサービスに接続するための接続。
WebRTCステーショントランク

TCP / 3478(STUN)

udp / 3478(STUN)

tcp / 19302(STUN)

udp / 19302(STUN)

Genesys Cloud、Amazon AWS

Google*

NAT(STUN)用セッショントラバーサルユーティリティは、メディアベースの通信に使用されるパブリックIPアドレスをホストに通知する出力接続です。
WebRTCメディア udp / 16384-32768(SRTP / TURN) BYOC PremisesEdgeデバイスGenesysCloud、Amazon AWS、およびWebRTCクライアント。 保護されたストリーミングメディア(オーディオ)の送信。
シグナリング

udp/5060(SIP)**

tcp/5060(SIP)**

tcp/5061 (SIPS) [FENT なし]**

VoIP電話

BYOCプレミスエッジセキュリティ

VoIPシグナリング用の接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。 接続は任意に固定することができる。
指定ベンダー(SIP)** テレフォニーSIPプロバイダー(PSTN)† VoIPシグナリング用の接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。 接続は任意に固定することができる。
メディア udp/16384-32768 (RTP/SRTP)** VoIP電話 ストリーミングメディア(オーディオ)の伝送。 接続はオプションで確保できます。
ベンダー指定(RTP/SRTP)** テレフォニーSIPプロバイダー(PSTN)† VoIPシグナリング用の接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。 接続は任意に固定することができる。
udp / 16384-32768(RTP / SRTP) BYOCプレミスエッジセキュリティ ストリーミングメディア(オーディオ)の伝送。 接続は任意に固定することができる。

* サードパーティサービス; Genesys Cloudによってホストされていません。

** デフォルト範囲; ポートはGenesys Cloud設定で変更できます。

† サードパーティサービス; Genesys Cloudによってホストされていません。

暗号化証明書用ポート

EdgeとGenesys Cloudをペアリングする際、Genesys Cloudのプライベート暗号化証明書またはパブリックサインされた暗号化証明書を選択できます。 ペアリングプロセスでは、中国固有の暗号化もサポートされています。 パブリックと中国固有のペアリングのオプションは、別々のポートを開く必要があります。 詳細については、USBフラッシュドライブを使用したEdgeのペアリング またはUSBフラッシュドライブとLCDを使用したEdgeのペアリング を参照してください。

更新日
(年-月-日)
リビジョン
2022-07-27

暗号化証明書用ポートのセクションを追加しました。

2020-12-14

大きな ファイアウォールのポートとサービス 小さな記事にすることができます。 BYOC 構内の Edge デバイスのポートとサービスをカバーするためにこの記事を作成しました。