BYOC構内のEdgeデバイスのポートとサービス

この参照記事には、BYOC 構内の Edge デバイスの特定のサービスへのアクセスに必要なポートが記載されています。ファイアウォールで構成する必要のあるその他のポートとサービスの詳細については、以下を参照してください。 ファイアウォールのポートとサービスについて

サービス 輸送/ポート (アプリケーション) 宛先 説明
クラウド tcp/443(HTTPS/WSS) Genesys Cloud、Amazon AWS 構内の Edge デバイスから公共インターネット上の Genesys Cloud Services への安全な接続。
Edgeグループ内通信

tls/8063

udp/16384-32768 (SRTP)

同じEdgeグループ内のEdgeデバイス Edgeが互いに通信するための接続。
WebRTC クラウド tcp/5061 Genesys Cloud、Amazon AWS EdgesがWebRTC電話用のGenesys Cloudサービスに接続するための接続。
WebRTCステーショントランク

tcp/3478 (STUN)

udp/3478 (STUN)

tcp/19302 (STUN)

udp/19302 (STUN)

Genesys Cloud、Amazon AWS

Google*

NAT(STUN)用セッショントラバーサルユーティリティは、メディアベースの通信に使用されるパブリックIPアドレスをホストに通知する出力接続です。
WebRTCメディア udp/16384-32768 (SRTP/TURN) Genesys Cloud Edgeデバイス(構内)、Genesys Cloud、Amazon AWS 保護されたストリーミングメディア(オーディオ)の送信。
シグナリング

udp/5060(SIP)**

tcp/5060(SIP)**

tcp/5061 (SIPS) [FENT なし]**

VoIP電話

エッジデバイス(構内)

VoIPシグナリング用の接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。接続は任意に固定することができる。
指定ベンダー(SIP)** テレフォニーSIPプロバイダー(PSTN) VoIPシグナリング用の接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。接続は任意に固定することができる。
メディア udp/4000+(RTP/SRTP)** VoIP電話 ストリーミングメディア(オーディオ)の伝送。接続はオプションで確保できます。
ベンダー指定(RTP/SRTP)** テレフォニーSIPプロバイダー(PSTN) VoIPシグナリング用の接続(インバウンドコールとアウトバウンドコールのダイヤル、呼び出し音など)。接続は任意に固定することができる。
udp/16384-32768 (RTP/SRTP) エッジデバイス(構内) ストリーミングメディア(オーディオ)の伝送。接続は任意に固定することができる。

* サードパーティサービス; Genesys Cloudによってホストされていません。

** デフォルト範囲; ポートはGenesys Cloud設定で変更できます。

† サードパーティサービス; Genesys Cloudによってホストされていません。

日付 リビジョン
2020年12月14日 大きな ファイアウォールのポートとサービス 小さな記事にすることができます。BYOC 構内の Edge デバイスのポートとサービスをカバーするためにこの記事を作成しました。