コールバックを配置、転送、および破棄する


コールバックは、連絡先が要求するアウトバウンドコールです。連絡先は、キュー内でエージェントを待っている間にコールバックを要求できます。Genesys Cloudは、コンタクトを待機させる代わりに、次のエージェントが利用可能なときにコンタクトを呼び出します。

コールバックをかける

  1. エージェントとしてログインして 待ち行列に行く。 
    インタラクションパネル 開きます。通話は[アクティブなインタラクション]リストに表示されます。連絡先の情報とスクリプトが[インタラクション]ウィンドウに表示されます。スクリプトの詳細については、 スクリプトを使用する。 
  2. 連絡先へのダイヤルを開始するには、をクリックします 通話を開始コールバック Begin の呼び出し連絡先に複数の番号がある場合は、クリックします 通話を開始 呼び出す番号を選択します。 コールバックを開始を呼び出すドロップダウン
  3. 電話をかけます。
  4. 通話を終了して 通話後に完了(ACW)
  5. クリック 完了
  6. インタラクションを完了してコールバックを閉じるには、をクリックします コールバックを終了

コールバックを転送する

ブラインド転送を使用して、目的の受信者と会話せずに通話を別のユーザー、番号、外部連絡先、またはキューに直接転送します。

  1. 現在の通話で、をクリックします。 ブラインド転送 アイコン。 転送アイコン
  2. 転送先の電話番号を入力してを押します。 入るまたは、通話の転送先のユーザ、外部連絡先、またはキューを入力します。
  3. 通話をユーザー、外部連絡先、またはキューに転送する場合は、表示された候補からユーザーまたはキューを選択します。 
  4. クリック 転送
    Genesys Cloudは電話を番号、人、またはキューに転送し、コール作業後.

コールバックをやめる

コールコールバックまたは転送せずにコールコールバックを閉じるには、をクリックします コールバックを終了

注意:電話をかける前に[コールバックの終了]をクリックすると、Genesys Cloudはコールバックをキャンセルし、インタラクションをキューに戻しません。