ジャーニーセッションアクションを取得


予測エンゲージメントでは、ユーザーがWebサイトと対話するときに、そのユーザーを追跡できます。あなたは、アクションをマッピングし使用することができますへのデザイン契約その強化各ユーザーの個人的な経験、あなたのビジネス成果を達成するのを助けます。詳細については、 Architectコンポーネントを準備する.

Architect で [Journey セッションの取得] アクションを使用して、予測エンゲージメント Journey セッション ID を取得し、ワークフロー内で使用する変数に格納します。このアクションは、 Architectチャットフローでも使用できます。

説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。ここで入力したラベルになりますコール フロー構造に表示されるアクションの名前。
ジャーニーセッションID [ジャーニーセッションID]フィールドにリテラル値または式を入力します。 Architectが作成します ジャーニーセッションIDフィールドで使用する変数。
ジャーニーセッション結果 このアクションで見つかったジャーニーセッションを保存する変数の名前を入力します。フローの残りの部分でこの変数を参照するには、Stateと入力します。<variable name>。たとえば、変数名がCustomer Journeyの場合、フロー全体で変数を参照するには、適切な場所ます。

見つかったパスと見つからなかったパスを設定する

説明
見つかる

このパスは そのArchitectは、組織内でジャーニーセッションを見つけました。

適切なアクションをFoundパスの下にドラッグして、インタラクションを実行させたいルートをたどります。 たとえば、オーディオの再生アクションです。

見つかりません

このパスは、 Architectが一致するものを見つけられなかったことを示します 旅行セッションID. 適切なアクションを[見つかりません]パスの下にドラッグして、やり取りする経路をたどるようにします。たとえば、ワークフローの終了アクション。