システムプロンプトの検索アクション


システムプロンプトの検索アクションを使用して、 Architectシステムのプロンプトを名前で検索し、どのプロンプトをランタイムで動的に再生するかを決定します。

メモ
  • 一意のタイプの動的ルックアップ制限は25です。
  • 各ルックアップは一意であるため、フロー内の同じオブジェクトの複数のルックアップは1としてのみカウントされます。
  • フローごとの合計ルックアップ制限は100です。

ツールボックスから、 見つける カテゴリとドラッグ システムプロンプトを検索 適切に行動場所でタスクエディタ。

説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。ここで入力するラベルとなるタスク シーケンスに表示されるアクションの名前。
システム プロンプト名  システムプロンプト名、またはプロンプトを見つける式を入力します。例えば、 “ greeting_” +フローロケーション。実行時に、Architectは 指定されたシステムプロンプトを検索します。システムが完全に一致するものを見つけると、プロンプト値を返します。
システム プロンプトの結果

システムがプロンプト値を受け取ると、その値をここで指定した変数に保管します。その後、フローの他の領域で変数を使用できます。

見つかったパスと見つからなかったパスを設定する

説明
見つかる

このパスは そのArchitectは組織内のシステムプロンプトを見つけました。 

適切なアクションをFoundパスの下にドラッグして、インタラクションを実行させたいルートをたどります。たとえば、適切な担当者への転送アクション。

注意:System Prompt Resultフィールドは、フローがFoundパスをたどったときにのみ入力されます。

見つかりません

このパスは、Architectが一致するシステムプロンプトを見つけられなかったことを示します。

適切なアクションを[見つかりません]パスの下にドラッグして、やり取りする経路をたどるようにします。たとえば、オーディオ再生アクションやメインメニューへの転送アクションなどです。

注意:フローが[見つかりません]パスをたどっても[システムプロンプトの結果]フィールドに値が入力されません。