オンプレミスソリューション AWS Lambdaデータデータ アクション例


注意:この記事はAWS Lambdaデータアクション統合に適用されます。

前提条件

  • PureCloud組織に追加されたAWS Lambdaデータアクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する
  • オンプレミスソリューションへのアクセスを許可するIPアドレスで構成されたAWSアカウント。

オンプレミスソリューションでAWS Lambdaデータアクションを使用できます。詳細については、 オンプレミスソリューションデータアクション概要 そして オンプレミスソリューションでのデータアクションのワークフロー.

以下の情報は、AWSラムダのためのサンプルコードを提供してデータ アクションでPureCloudとあなたのアマゾンVPC内AWSラムダ関数。AWSラムダデータ アクションでPureCloudオンプレミスからデータを取得呼び出すあなたのAWSラムダ関数、 ソリューション 。

  1. PureCloud 、作成します AWS Lambdaデータデータ アクション 次のコードで。

    このデータ アクションでは、あなたのAWSラムダデータアクションの統合に関連しているPureCloud 。詳細については、 統合用のカスタムアクションを作成し、 カスタムアクションに契約を追加し、そして カスタムアクションに構成を追加する.

    コントラクトの入力

    {
      "type": "object",
      "properties": {
        "url": {
          "type": "string"
        },
        "method": {
          "type": "string"
        },
        "headers": {
          "type": "string"
        },
        "body": {
          "type": "string"
        }
      },
      "additionalProperties": true
    }

    コントラクトの出力

    {
      "type": "object",
      "properties": {},
      "additionalProperties": true
    }

    構成リクエスト

    {
      "requestUrlTemplate": "arn:aws:lambda:{{region}}:{{Lambda ID}}:{{Lambda function}}",
      "requestType": "POST",
      "headers": {},
      "requestTemplate": "{ \"url\": \"${input.url}\", \"method\": \"${input.method}\", \"headers\":${input.headers), \"body\": ${input.body} }"
    }

    構成応答

    {
      "translationMap": {},
      "translationMapDefaults": {},
      "successTemplate": "${rawResult}"
    }
  2. AWSアカウントで、作成します AWS Lambda関数 そしてアップロード サンプルコード (.zip)を関数に追加します。

    詳細については、 コンソールでLambda関数を作成する AWSドキュメントで。

詳細については、 AWS Lambdaデータアクション統合について.