ユーザー情報設定を有効にする


前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

ユーザーツーユーザー情報(UUI)設定を使用してGenesys Cloudを構成し、送信通話とともにデータを送信することができます。 システムは、発信通話のSIPヘッダーにUUIデータを埋め込みます。通話の受信側のアプリケーションは、UUIデータを傍受してから、通常どおりにコールを受信者に渡します。

発信呼び出しでUUIデータを送信するときは、通常、ArchitectまたはScripterのいずれかでUUIデータを指定します。そのようにUUIデータを指定するのは、 動的 方法。ただし、すべての発信呼び出しでまったく同じUUIデータを送信したい場合は、静的 方法)を使用すると、Static User Data設定を有効にできます。その後、静的UUIデータを指定します。

ダイナミックUUIデータとスタティックUUIデータのいずれかまたは両方を使用するようにGenesys Cloudを設定できます。両方を使用する場合、Genesys Cloudは、送信するUUIデータを決定するために次のルールを使用します。

  • 動的UUIデータと静的UUIデータそれぞれに 異なる ヘッダー名、次にGenesys Cloudは動的および静的UUIデータの両方を送信します。
  • 動的UUIデータと静的UUIデータそれぞれに、 同一 ヘッダー名、次にGenesys Cloudは、どのUUIデータを送信するかを決定するための優先度設定を使用します。
    • 低優先度を選択すると、Genesys Cloudは常に動的UUIデータを送信します。
    • 高優先度を選択すると、Genesys Cloudは常に静的UUIデータを送信します。

ユーザー間情報(UUI)の設定および静的ユーザデータセクションの設定の詳細は、外部トランク設定を参照してください。ArchitectまたはScripterで動的UUIデータを作成する方法についての詳細は、を参照してください。 UUIデータアクションの設定またはスクリプトプロパティを管理するを参照してください。


UUI設定を有効にして構成するには:

  1. クリック 管理者
  2. テレフォニークリック トランクス
  3. クリック 外部トランク タブ。
  4. リストから、設定したいトランクを選択します。
  5. 外部トランク設定下のプロトコルをクリックします。
  6. 動的UUIデータを送信するには:
    • ユーザー間情報(UUI)下でUUIパススルー有効に切り替えるます。
    • タイプドロップダウンリストを使用して、使用したいUUIヘッダー情報の種類を選択します。
    • エンコーディング形式ドロップダウンを使用して ヘッダーのエンコード形式を選択します。
    • プロトコル識別子フィールドに、プロトコル識別子を識別する2桁の16進数値を入力します。
      メモ X-UserToUserヘッダータイプを選択した場合、プロトコル識別子フィールドは使用できません。
  7. 静的なUUIデータを送信するには
    • 静的ユーザーデータ下で、静的UUI有効に切り替えます 。
    • 名前 フィールドに、ヘッダー名を入力します。
    • フィールドに、適切な形式を使用してヘッダーに配置するUUIデータを入力します。
    • 優先度ドロップダウンリストを使用して、静的UUIデータに割り当てる優先順位を選択します。
  8. クリック 外部トランクを保存します。