ユーザー間情報(UUI)の概要


Genesys Cloud User to User Information(UUI)サポートにより、アウトバウンドコールと共にデータを送信し、インバウンドコールからデータを受信できます。Genesys Cloudは、 IETF UUI仕様 UUIデータ用。

対象: インバウンド を呼び出し、Architect または Scripter で組み込み変数を構成して UUI データを検索し、傍受できます。 インバウンドコールに組み込まれたUUIデータを探す際、Genesys CloudはまずUser-To-Userヘッダーを探します。そのヘッダーが存在しない場合、Genesys Cloudはx-User-To-Userヘッダーを探します。両方のヘッダーが存在する場合、Genesys Cloudは常にUser-To-Userヘッダーを選択します。さらに、着信呼び出しに埋め込まれたUUIデータには、ヘッダーのエンコード形式(16進数またはASCII)を識別する特別なパラメーターを含めることができます。そのパラメータが存在しない場合、Genesys CloudはHexエンコード形式を仮定します。

警告:Genesys Cloudがインバウンドコールで重複するUUIヘッダーを検出すると、すべてのUUIヘッダーを破棄します。

にとって アウトバウンド コールすると、システムはSIPヘッダーにUUIデータを埋め込みます。発信呼び出しでUUIデータを送信する方法は2つあります。動的または静的にUUIデータを動的に送信するには、ArchitectまたはScripterのいずれかで適切なSet Actionを使用します。UUIデータを静的に送信するには、外部トランク設定のStatic User Data設定を有効にします。

注意:UUIはGenesys Cloud Voiceコールでは使用できません。