期間変数を追加する

期間は、XML日付データ規格または標準で規定されている形式のサブセットの文字列として表現された時間の表現です。 期間は、日、時間、分、および秒の複合値を持ちます。 期間の長さは合計日数、時間、分、および秒の値の合計。 期間を使用することができますどのくらい""の一部プロセスを決定するための値は、続行する前に待つ必要があります。

タスクシーケンスに期間変数を追加する

タスクシーケンスでは、[データの更新]データ アクションに期間変数を追加できます。 例えば、  

  1. ツールボックスから、 データ カテゴリとドラッグ データ更新 タスク内の目的の場所へのアクション。
  2. 「データの更新」設計フォームの  フィールドに、アイテムを説明するわかりやすい名前を追加します。
  3. クリック 更新ステートメントを追加する ボタンを押して選択 期間
  4. の中に 変数名 フィールドに、タスクの変数を識別するためのラベルを入力します。
  5. リテラルモードで値を設定するには、割り当てる値フィールドで、次の操作を行います。
    1. カレンダーボタンをクリックしd-HH:mm:ss.SSS フォーマットまたは HH:mm:ss.SSS フォーマットを切り替えます。
    2. 使用 + または - 目的の値を設定するか、インラインで入力するためのボタン。
  6. 式を使用して値を設定するには、 割り当てる値 フィールド、式ボタンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • インライン式を追加します。
    • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式エディタを開き、式を作成します。
  7. オプションで、他の変数を追加するには、[更新ステートメントの追加] ボタンをクリックします。