タスクに推定待ち時間アクションを追加する


履歴データに基づいて待機時間について教育された見積もりを作成するためにキュー内フローのタスクシーケンスにPlay Estimated Wait Timeアクションを追加し、待機時間を呼び出し元に戻します。

ノート
  • 推定待ち時間(EWT)は、前の週の分析から得たこれらのメトリックを、現在のキューから30分間隔まで使用します。tHandle、tAcd、tAbandon、tTalk、nOffered。会話サービスは、キュー内の位置を決定するために使用されます。
  • キュー上でアクティブなエージェントがいない場合、EWTは会話サービスの前で現在待機している対話を探し、計算で最も長い待機時間を使用します。
  • 照会されたインターバル(現在の30分インターバルの1週間前)にASA統計情報が存在しない場合、返される最大EWTにしきい値はありません。
  • PureCloudがどのように推定待ち時間を計算するかについて詳しくは、以下を参照してください。 推定待ち時間の概要


  • 近似T「あなたの推定時間は約5分です」と彼は呼びかけます。 [5分]を、切り上げ間隔で指定された適切な待機時間に置き換えます。
  • 未満。呼び出し元には、「あなたの推定待ち時間は[5分]未満です」と聞こえ、[5分]は[切り上げ]間隔で指定された適切な待ち時間に置き換えられます。
  • パッド入り。発信者には次のように聞こえます。[4〜5分]をパディング間隔で指定された適切な待機時間に置き換えます。
  • 正確な:発信者は、「あなたの推定待ち時間は[4分31秒です。[4分31秒]を正確な時間に置き換えます。


  • 範囲内で計算された期間が1分未満の場合、Architectは期間を1分として扱います。
    :2分の埋め込みで-5分の持続時間は、-7から-3分の計算範囲を返します。Architect は両方の負数を 1 として取り扱います。
  • ToAudioTimeRange式を使用し、下限値と上限値の両方が同じ場合、式は値のみを読み取ります。
    :ToAudioRange(1,1、Format.TimePart.minutes1〜1分ではなく1分として読み取られます。


注意:このアクションはキュー内のフローでのみ使用できます。
  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く タスクエディタを開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 推定待ち時間を再生する タスクエディタの適切な場所へのアクション。
  5. の中に テキストボックスに、わかりやすい名前を入力するか、デフォルトの「キュー内の位置」タイトルを使用します。
  6. [推定待機時間(EWT)]フィールドで、次のいずれかを実行します。[再生モード]領域で、次のいずれかを選択します。
    • 自分の値を設定したくない場合は、デフォルトのままにしてください。 Call.EstimatedWaitTime 変数は変わりません。
    • 独自の変数、式、またはリテラル値を設定したい場合は、 大きな式エディタを開く ボタンを押して値を設定します。
  7. の中に 再生モード エリアで、次のいずれかを選択します。
    • 近似実際の推定待ち時間に最も近いがそれより短い時間を、不特定の用語で再生します。
    • 未満。実際の推定待機時間に最も近いがそれより短い時間を再生します。ただし、概算再生とは対照的に、この設定は待機時間をより具体的な用語で返します。
    • パッド入り。推定待ち時間を表すための時間範囲を再生します。
    • 正確な:正確な推定待ち時間を再生します。
  8. 「概算」または「以下」の再生モードを選択した場合は、
    • の中に 切り上げ間隔 area推定待ち時間を計算し、概算または偶数分で切り上げた計算よりも短い時間を返すまでの時間を選択します。
    • の中に 特定の切り上げ間隔 エリア、必要に応じて追加の切り上げ間隔を選択します。私fが指定された場合、ArchitectはEWTをEWTより大きい最小間隔に切り上げます。それ以外の場合、Architectは前に指定された切り上げ間隔を使用します。
    • 追加の切り上げ間隔を追加するには、 特定の切り上げ間隔を追加 ボタンを押して、インターバル時間を設定します。
  9. パディング再生モードを選択した場合は、 パディング間隔 areaには、推定待機時間範囲を戻すのにかかる時間を偶数分で切り上げて選択します。
  10. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。