推定待機時間の再生アクション

履歴データに基づいて待機時間について教育された見積もりを作成するためにキュー内フローのタスクシーケンスにPlay Estimated Wait Timeアクションを追加し、待機時間を呼び出し元に戻します。 このアクションは、キュー内フローに対してのみ使用可能です。

 メモ:   Genesys Cloudによる推定待ち時間の計算方法についての詳細は、 推定待ち時間の概要.

  • 範囲内で計算された期間が1分未満の場合、Architectは期間を1分として扱います。
    例:  持続時間が -5 分でパディングが 2 分の場合、計算された範囲 -7 ~ -3 分が返されます。 Architect は両方の負数を 1 として取り扱います。
  • ToAudioTimeRange式を使用し、下限値と上限値の両方が同じ場合、式は値のみを読み取ります。
    例:  ToAudioRange(1,1,Format.TimePart.minutes) は 1 ~ 1 分ではなく 1 分として読み取ります。

名前    説明
名前 必要に応じて、アクションの明確な名前を入力します。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。
推定待ち時間(EWT)

現在の通話の推定待ち時間に使用される期間値。 デフォルトで、これは Call.EstimatedWaitTime 変数です。 この変数はサーバーによって供給されるので、変更する必要がありません。 ただし、自分独自に設定したい場合は、これを別の変数、式、またはリテラル値に設定することができます。

 メモ:   指定されている通話時間が NOT_SET 値である場合、値が設定されていないためアクションは音声メッセージを再生しません。
再生モード

発信者に再生するための待機時間の詳細レベルを選択します。 次のうちいずれか 1 つを選択します。

  • 近似。 非特定の用語を使用してp実際の推定待機時間に最も近いが、それよりも短い時間を設定します。 たとえば、「推定時間は約[5分]です」、 [5分]を切り上げ間隔で指定された適切な待機時間に置き換えます。
  • 未満。 「約」ではなく「未満」という少し具体的な用語を使用して、実際の推定待機時間に最も近いが、それよりも短い時間を再生します。 たとえば、「推定待機時間は[5分]未満です」のように、[5分]を切り上げ間隔で指定された適切な待機時間に置き換えます。
  • パッド入り。 推定待ち時間を表すための時間範囲を再生します。 例:「推定待機時間は[4〜5分]」、[4〜5分]をパディング間隔で指定された適切な待機時間に置き換えます。
  • 正確な: 正確な推定待ち時間を再生します。 たとえば、「推定待機時間は[4分31秒です。]」、[4分31秒]を正確な時刻に置き換えます
端数切り上げ間隔

このオプションは、「概算」または「未満」の再生モードを選択した場合に表示されます。 推定待ち時間を計算し、概算または計算よりも短い時間で計算する時間を選択してください。 Architectは、推定待機時間を選択したしきい値に切り上げます。 数分でも。

シナリオ:
  • 2分30秒の推定待ち時間と3分の選択された切り上げ間隔が通話にある場合、発信者には「あなたの推定待ち時間は3分です」と聞こえます。
  • 通話の推定待ち時間が4分30秒で、選択した切り上げ間隔が3分の場合、発信者には「あなたの推定待ち時間は6分です」と聞こえます。
パディング間隔

このオプションは、パディング再生モードを選択した場合に表示されます。 推定待機時間範囲を返すまでの時間を選択してください。 Architect では、秒数は分数に切り上げられます。 例えば、1 分 30 秒は 2 分に、2 分 1 秒は 3 分に切り上げられます。 パディング間隔は減算され、推定待機時間に加算されます。

シナリオ:
  • 通話に3分の推定待ち時間と1分のパディング間隔がある場合、発信者には「あなたの推定待ち時間は2〜4分です」と聞こえます。
  • 通話に4分45秒の推定待ち時間と1分のパディング間隔がある場合、発信者には「あなたの推定待ち時間は4〜6分です」と聞こえます。
特定の端数切り上げ間隔 指定した場合、ArchitectはEWTよりも小さい最小間隔にEWTを切り上げます。 それ以外の場合、Architectは上記の切り上げ間隔を使用します。
特定の端数切り上げ間隔を追加

このオプションは、「概算」または「未満」の再生モードを選択した場合に表示されます。 必要に応じて、Architectが推定待機時間を実際の推定待機時間よりも長い最小間隔に切り上げるまでの時間数、数、および分数を選択します。 それ以外の場合、Architectは前に選択した切り上げ間隔を使用します。