収集変数を作成

Architect で、タスクエディターの更新データデータアクションでコレクション変数を作成します。 [データの更新] アクションのデザイン領域で、update ステートメントを追加し、コレクションを作成することを選択します。 次に、コレクションのデータ型を選択します。  

デザインフォームで、アーキテクトは変数名を作成します|値と割り当てのペアリング。 変数名を入力すると、Architect は、エントリに基づいて、フロー レベルの変数またはタスク レベルの変数のいずれかを作成します。 エントリが既存の変数名に一致する場合、Architect は新規変数を作成する代わりに既存の名前を使用します。

 メモ:  初期値リテラル値を設定することも、リストから選択することもできます。 デフォルトを使用します。 デフォルトを使用することを選択した場合、値は 。
  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。 フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。 タスク エディターを開きます。
  4. ツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグし、更新データ タスクシーケンス内の目的の場所にアクションを実行します。
  5. [データデザインの更新] フォームで、 Update ステートメントの追加リストの最後にある矢印をクリックしコレクションを作成を選択します。
  6. [コレクションの作成] ドロップダウンリストを開いたまま、作成するコレクションの種類を選択します。 オプションには、以下のものがあります。
    • ACD スキルコレクション
    • ブール コレクション
    • 通貨 コレクション
    • 日付/時間コレクション
    • 10進数 コレクション
    • 期間 コレクション
    • グループコレクション
    • 整数 コレクション
    • 電話番号コレクション
    • キュー コレクション
    • 文字列 コレクション
    • ユーザー コレクション
    • ラップアップ コード コレクション
  7. コレクションの値と変数を設定します。 詳細については、を参照してください。 データの更新アクション
  8. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。