コレクション値を変更する


Architectには、コレクションの値を変更するのに役立つ関数が含まれています。たとえば、次の式は整数3と4で整数コレクションを作成してから、AddItem関数を使用してそれに5を追加します。

AddItem(MakeList(3,4), 5)

この式の結果は、次の順序で3つの項目を持つ整数のコレクションです。3、4、5。


以下の表は、コレクションの値を変更するために使用できる関数の一覧です。詳細については、 Access Expressionのヘルプ

方法 説明
AddItem この関数はコレクションにアイテムを追加します。
AddItemAt この関数は、特定のインデックスのコレクションに新しい項目値を追加します。
RemoveDups この関数は、コレクションから重複した値を削除します。
RemoveItem この関数は、値からコレクションから1つ以上の項目を削除します。
RemoveItemAt この関数は、特定のインデックスにあるコレクションから項目を削除します。
ReplaceItemFirst この関数は、コレクション内で最初に出現した値を新しい値で削除し、結果のコレクション値を返します。
ReplaceItem この関数は、コレクション内の1つ以上の項目を削除し、それらの項目を新しい値に置き換えます。
ReplaceItemAt この関数は、コレクション内の特定のインデックスにある項目を削除し、それを新しい値に置き換えます。


コレクション値を変更する一般的な方法は、 データ更新アクション。これらの例では、コレクションにアイテムを追加または削除する方法について説明します。

アイテムをコレクションに追加する

この例では、Task.IntegerCollという文字列コレクション変数を使用しています。目的は、既存の3、4、5の出力に6を追加することです。

  1. 追加する データ更新 タスクエディタへのアクション。
  2. 追加する 整数コレクション updateステートメント。これは、Task.myIntegerColl変数タイプです。
  3. の中に 変数名1 ボックス、タイプ Task.myIntegerColl
  4. の中に 割り当てる値1 ボックス、タイプ AddItem(Task.myIntegerColl、6)

結果の出力は3、4、5、6です。アイテムをコレクションの先頭に追加することもできます。前の例を基にして AddItemAt(Task.myIntegerColl、0、7) 7、3、4、5、6という結果になります。

コレクションからアイテムを削除する

この例では、Task.myStringCollという文字列コレクション変数を使用しています。目的はすべてを削除することです NOT_SET 文字列値

  1. 追加する データ更新 タスクエディタへのアクション。
  2. を追加 文字列コレクション updateステートメント。これは、Task.myStringColl変数タイプです。
  3. の中に 変数名1 ボックス、タイプ Task.myStringColl
  4. の中に 割り当てる値1 ボックスをクリックし、式エディタに切り替えて入力します。 RemoveItem(Task.myStringColl、ToString(NOT_SET)) または RemoveItem(Task.myStringColl、 NOT_SET)

これらの例では、割り当てる値に関数呼び出しの結果をどのように使用してから、結果の値を変数に代入しているかに注目してください。このプロセスは変数の値を更新します。式の中で変数を使用して、変数の現在のコレクション値を指定します。評価時に、システムは式の結果を変数値に割り当てます。