カスタムスクリプトアクションを定義する


  1. クリック 行動

  2. アクションを追加するには、をクリックしてください。

    click-add-action

  3. 新しいアクションの名前を入力してください。

  4. ステップを追加 をクリックします。以前に定義されたアクションのリストが、他の2つのオプションと共に表示されます。

    • もしそうでなければ: アクションを実行する前に条件を評価します。

    • ディレイ: 延期できます 一定時間のカスタムアクションの進行

      アクションは1つ以上のステップを順番に実行できます。各ステップは、組み込みのアクションまたはカスタム アクションです。アクションは変数を評価して、ステップが実行されるかどうかを判断できます。

  5. 次のうちいずれか一つを行います。


    アクション名を選択してください。

    選択したアクションがエディタに表示されます。


    if / else構造は、アクションが変数の実行時の値に基づいて異なるステップを実行することを可能にします。

    1. クリック その他の場合。式エディターが表示されます。

      式エディターの画像

    2. 下 左側実行時の値が他のものと比較される変数を選択します。

    3. 次に、比較に使用する演算子を選択します。

      論理演算子のリストが表示されます。

    4. のオプションメニューをクリックします 右側

      right-hand-side-menu

      左辺の変数と比較するものを選択するには、 補間テキスト、 テキスト式 変数

      • 補間テキスト 1つ以上のプレースホルダの実行時の値を含む文字列を評価します。
      • テキスト式: 論理式の結果と比較します。見る 動的変数
      • 変数: 変数の実行時値と比較します。
    5. 選択内容に基づいて、入力ボックスにテキストを入力するか、変数を選択します。

    6. クリック ステップを追加次に、式がTrueと評価されたときに実行する組み込みアクションまたはカスタムアクションを選択します。式がTrueの場合に実行する他の手順をすべて追加します。

    7. 式がFalseの場合に実行する手順を定義するには、をクリックします。 ステップを追加 下 そうでなければ。このプロセスは、左側の変数の値に基づいて、アクションが実行できる一連の代替ステップを定義します。終了すると、式エディタはこの図のようになります。

      完了した条件式の例

      この例では、変数の値が MyVariable 「Made Sale」と同じです。 ページデュオ ページが表示されます。さもないと ページ1 ページが表示されます。

      注意: 一番下 ステップを追加 ボタンは特別な機能を実行します。条件式のアクションの実行後に実行するアクションの追加手順を定義します。プログラミング用語では、この動作はif…then…else式に続くコード行と同じです。変数の値にかかわらず、アクションが起こるとこれらのステップは常に実行されます。

    1. 選択する ディレイ

    2. 遅延時間をミリ秒単位で入力します。その量が整数、数学式、変数のいずれであるかを選択します。

    3. ステップを追加 をクリックします。

  1. 必要に応じて他の手順を追加してください。
  2. 複数のステップを作成する場合は、上下の矢印を使用してそれらを並べ替えることができます。ステップは上から下の順序で実行されます。図は、ステップの順番を上下に変更する方法を示しています

    先端: ステップを削除するには、をクリックしてください。

  3. 終了したら、をクリックします 保存する