判断のアクション

条件が真であるかどうかに応じて、タスクアクション内のDecision要素を使用してプロセスを分岐します。 条件が true の場合、プロセスは「はい」の方向に進みます。 条件が false の場合、プロセスはなしの方向に行きます。

条件の典型的な例は次のとおりです。

  • ブール変数は真の値を持ちます。
  • 整数変数は10です。
  • 現在の日付は締切日より後です。

ランダム関数

0.0から1.0までのランダムな小数を返すランダム関数を使用できます。 このビルディングブロックを決定アクションで使用して、式がtrueまたはfalseのどちらに評価されるかに基づいて対話を操作します。 たとえば、Random()<0.25は、インタラクションの25%を1つのパスに送信し、インタラクションの75%を別のパスに送信できます。

ランダム関数を使用して、特定の範囲内の整数を取得することもできます。 この関数を使用すると、整数が必要な場合にこの関数をより簡単に使用できます。 たとえば、RandomInt(100)は、0〜100のランダムな整数を返します。 負の入力は負の整数を返します。

名前    説明
判定   判断アクションの示差的な名前を入力します。
アクションを実行するパスを決定するために値を設定してください。