タスクに判断のアクションを追加


条件が真であるかどうかに応じて、タスクにDecision要素を追加してプロセスを分岐します。決定アクション呼び出しに関する情報を解析し、その結果に基づいてフローを分岐します。 あなたのコールフローデザインは、あなたがこのアクションをどのようにそしていつ使うかを決定します。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. ツールボックスから、 論理的 カテゴリをドラッグして 決定 コールフローの設計に従ってタスクの構築を続けます。
  5. 決定アクションのデザインフォームの  fieldはアクションに意味のあるタイトルを追加します。
  6. の中に  field、次のいずれかを実行します。
    • リテラルモードから値を設定するには、をクリックします。 本当 または  ラジオボタン。
    • 式を使って値を設定するには、式のボタンをクリックして以下の 1 つを行います。
      • インライン式を追加します。
      • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式編集エディタを開き、式を作成します。
        注意:決定式をリテラルモードに設定した場合、アクションは常に指定したパスをたどります。ただし、Architect がこれが有効なタスクか検討する前に、両方のパスが終了アクションに達する必要があります。
  7. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。