オープンスケジュールとクローズスケジュールのメールフローを作成する


次の手順では、組織の現在のオープンスケジュールとクローズスケジュールに基づいてアクションを実行する、受信Eメールフロー内のタスクの作成方法について説明します。

[Evaluate Schedule]アクションを設定する

  1. ツールボックスから、 論理的 カテゴリー。
  2. をドラッグ スケジュールを評価する エディタ内の適切な場所へのアクション。
  3. (オプション) フィールド、スケジュール評価アクションの名前を変更します。デフォルトでは、この名前はEvaluate Scheduleです。
  4. スケジュール評価したいスケジュールを選択します。
  5. (オプション)タイムゾーンで、デフォルトのタイムゾーンを変更します。
  6. 現在の評価を使用する DateTime (UTC)、 現在 初期設定。
  7. 別の評価を使用する DateTime (UTC):
    1. クリック 特定
    2. 評価式を入力してください。
  8. 次に、アクティブパスと非アクティブパスを設定します。

メールフローのアクティブパスを設定する

ここでは、スケジュールのアクティブ時間内にフローが発生したときに実行するアクションを指定します。

  1. ツールボックスから、 論理的 カテゴリー。
  2. をドラッグ スケジュールグループを評価する [Evaluate Schedule]アクションの下のアクション アクティブ パス。
  3. (オプション) フィールド、スケジュール評価グループのアクションの名前を変更します。デフォルトでは、この名前はEvaluate Schedule Groupです。
  4. スケジュール評価したいスケジュールを選択します。
  5. 現在の評価を使用する DateTime (UTC)、 現在 初期設定。
  6. 別の評価を使用する DateTime (UTC):
    1. クリック 特定
    2. 評価式を入力してください。
  7. オープンパスとクローズドパスを定義します。
    1. 開いたオープンスケジュール中にフローが発生した場合に実行する適切なアクションをドラッグして設定します。たとえば、営業時間中にユーザーがあなたに連絡を取ったことをユーザーに知らせる自動返信の送信アクションなどです。または、Eメールを指定のキューにルーティングするACDへの転送アクションを追加することもできます。
    2. 閉まっているクローズスケジュールの間にフローが発生した場合に実行する適切なアクションをドラッグして設定します。たとえば、通常の営業時間外に自分に連絡したことや、返信が遅れることをユーザーに知らせる自動返信の送信アクションなどです。

Eメールフローの非アクティブパスを設定する

ここでは、スケジュールがアクティブでない時間帯にフローが発生したときに実行するアクションを指定します。

  • ツールボックスから、Evaluate Scheduleアクションの下に適切なアクションをドラッグします。 休止中 パス。たとえば、営業時間外にEメールが送信されたため、返信が遅れることをカスタマーに知らせる自動返信の送信アクション。

詳細については、次の記事を参照してください。