データテーブルを作成する


前提条件
  • アーキテクト > ; データ表 > ; すべて 許可

作成する データテーブルスキーマを構成するカスタムフィールドを持つデータテーブル。データテーブルとデータ行の編集と削除の詳細については、 データテーブルを管理する

メモ
  • 重複するテーブル名は作成できません。たとえば、新しいテーブルを作成したり、既存のテーブルの名前を変更したりします。
  • テーブル名は256文字以内で、次の特殊文字を含めることはできません。または \ \。
  • フィールドラベル情報を追加すると、PureCloudは自動的に APIフィールドIDAPIを介してデータを追加する場合に使用するフィールドを知らせます。
  • データテーブルを保存した後に、カスタムフィールドは削除できません。保持したいフィールドと行を使用して複製テーブルを作成するか、元のデータテーブルのフィールドを単に無視する必要があります。
  • データテーブルを作成した後、カスタムフィールドのAPI値を変更することはできません。ラベルのみ変更できます。


  1. 管理者をクリックします。
  2. Architect、クリックデータ表.
  3. クリック 追加する
  4. の中に  ボックスにデータテーブルのわかりやすい一意の名前を入力します。
  5. (オプション) ノート ボックスに、テーブルに関する有用な情報を入力します。
  6. の中に 参照キーラベル ボックスに、テーブルの主な目的や目的を説明するためのわかりやすい名前を追加します。 キー。[/ bs_well]
  7. クリック フィールドを追加 次のいずれかを選択します。
    • ブール値
    • 整数
    • 小数
    • 文字列
  8. ブール、またはチェックボックス、フィールドを設定するには、次の手順に従います。
    1. の中に フィールドラベル ボックスに、フィールドのわかりやすい名前を入力します。
    2. フィールドがデフォルトでチェックされているように見えるようにするには、 デフォルトで真
    3. 追加する追加のブールフィールドごとに手順8を繰り返します。
  9. 整数フィールドを設定するには、次の手順に従います。
    1. の中に フィールドラベル ボックスに、フィールドのわかりやすい名前を入力します。
    2. デフォルトの値を入力してください。
    3. 追加する整数ごとに手順9を繰り返します。
  10.  番号を設定するには、次の手順に従います。
    1. の中に フィールドラベル ボックスに、フィールドのわかりやすい名前を入力します。
    2. デフォルトの値を入力してください。
    3. 追加する番号ごとに手順10を繰り返します。
  11. 文字列を設定するには、次の手順に従います。
    1. の中に フィールドラベル ボックスに、フィールドのわかりやすい名前を入力します。
    2. デフォルトのテキスト値を入力してください。
    3. 追加するテキストフィールドごとに手順11を繰り返します。
  12. クリック 保存する


  1. 管理者をクリックします。
  2. Architect、クリック データ表.
  3. 開くテーブルの横にあるをクリックします。 もっと 表示されるメニューから、をクリックします。 テーブルを開く。 
  4. クリック追加 .
  5. データテーブル用に作成した参照キーとカスタムフィールドに基づいて、テーブル行のフィールドに情報を追加します。
  6. クリック 保存する。または、この行を保存して別の行を追加するには、をクリックします。 保存して別のものを追加