汎用の SIP 電話を作成する

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

作成した 汎用 SIP phone 基本設定プロファイル 電話プロファイルを作成できます。 電話プロファイルには、Genesys Cloudの電話を定義する電話および回線キータブにある一連の設定が含まれています。 [電話] タブと [Line] キーの設定の大部分は、基本設定から継承されます。 ただし、元の基本設定の構成に影響を与えることなく、基本設定構成から継承した設定を変更することで、電話機をカスタマイズできます。 見る 継承設定.

ノート: Genesys Cloud は汎用 SIP 電話プロファイルを使用して管理対象外の電話をサポートしますが、管理対象外の電話は いいえ Genesys Cloud Voice または BYOC Cloud と互換性があります。 詳細については、次を参照してください。 電話カテゴリ比較表.

電話を設定する

  1. 管理者をクリックします。  
  2. テレフォニーで、クリックします。 電話管理
  3. クリック 電話 タブ。
  4. クリック 新しく作る そしてその 電話 タブが表示されます。 generic_sip_phone_tab  
  5. [電話名] フィールドに名前を入力します。
  6. 基本設定 リストで、作成した基本設定の設定を選択します。
  7. サイト リストから、 サイトを選択します。
  8. 「スタンドアロン機能」を「設定」のままにします。 オフ 会議室の電話を作成しているのでない限り。 見る スタンドアロン機能を有効にする
  9. 次のいずれかを実行してください。
    • 既定の電話の設定を使用するには、 電話を節約 に進み、 回線キーの設定この記事のセクション.
    • 電話の設定をカスタマイズするには、 に進み、 電話をカスタマイズ この記事のセクション.

電話をカスタマイズする

  1. の中に 電話の設定 パネルで、矢印をクリックしてカスタマイズしたい設定を含むセクションを展開します。
設定

   説明

セカンダリ Edge を使用する

セカンダリEdgeにアクセスできるように電話を設定します。

デフォルト設定は無効です。 この設定を有効にすると、プライマリプロキシをプライマリEdgeに、セカンダリプロキシをセカンダリEdgeに向けるように、SIP phone を手動で設定する必要がある場合があります。 プロキシ設定を設定する方法については、SIP 電話のドキュメントを参照してください。

設定

   説明

メッセージ待機インジケーター

この設定を使用して、メッセージ待機インジケータ (MWI)、つまり点滅するライトがユーザに新しいボイスメールを持っていることを示すように設定します。

メッセージ待機インジケータには3つのオプションがあります。

  • なし: MWI 通知は使用しないでください。
  • 未承認の通知:  未承認の MWI 通知を受信するように電話を設定します。
  • サブスクリプション:  サブスクリプション メソッドを使用して MWI 通知を受信するように電話を設定します。 (通知を受信するには、電話が MWI サービスをサブスクライブしている必要があります。) 

カスタムオプションは、Genesys Cloud Customer Care担当者がトラブルシューティングや特別な状況のために電話構成を変更できるように設計されています。 カスタムプロパティ設定は、Genesys Cloud Customer Careの指示に従ってのみ入力してください。
設定    説明
プロパティ名 カスタムプロパティに割り当てる名前。
データ タイプ   カスタムプロパティのデータ型。
カスタムプロパティを割り当てる値。

  1. カスタムの電話設定を使用するには、 電話を節約 に進み、 回線キーの設定 この記事のセクションです。

回線キーを設定する

  1. クリック 行キー タブ。generic_sip_line_keys_tab
  2. 既定の名前を編集する ラインアピアランス Id フィールド。

     メモ:   にもかかわらず ラインアピアランスID このフィールドには、[電話]タブの[電話名]フィールドの内容に基づいてデフォルトの名前が割り当てられています。自分の名前を作成する必要があります。 ラインアピアランスID名には、特殊文字を含む英数字のみを含めることができます。 _%+ - 〜。 文字間のスペースは許可されていません。

  3. 緊急サービスへの呼び出しが行われたときに送信されるコールバック番号を指定する場合は、その番号を 緊急電話番号 フィールド。
  4. 次のいずれかを実行してください。
    • デフォルトの回線キー設定を使用するには、をクリックします。 電話を保存
    • ラインキーの設定をカスタマイズするには、 ラインキーをカスタマイズする この記事のセクションです。

回線キーをカスタマイズする

  1.  設定 パネルで、矢印をクリックして、カスタマイズする設定を含むセクションを展開します。

設定    説明
回線ごとのコール この回線が処理できる呼び出しの数
持続接続設定

持続的な接続機能が無効になっている場合、Genesys Cloudはすべての呼び出しに対して接続を作成する必要があります。

永続的な接続機能を有効にし、タイムアウト値を設定すると、Genesys Cloudの機能が向上し、後続の呼び出しを処理できるようになります。 具体的には、接続がアクティブな間に着信する呼び出しは、UI を介してすぐに警告されるか、自動応答機能がユーザーに対して設定されている場合は自動応答されます。

持続接続の有効化

無効 (デフォルト): 持続接続の機能を使用しません。

有効: 持続接続の機能

持続接続タイムアウト Genesys Cloudが自動的に閉じる前に、開いている接続がアイドル状態のままでいられる時間を秒単位で設定します。

設定    説明
最大バインディング バインディングの最大数を指定します。
ダイジェスト認証 アウトバウンド リクエストがダイジェスト認証によって要求されたときには、次の資格情報を使用します:
 ユーザー名

物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるユーザー名。

パスワード 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるパスワード。 デフォルトで、パスワードはマスクされますが、[パスワードを表示] チェック ボックスを選択してプレーンテキストでパスワードを表示させることができます。

設定    説明
自動会議設定 この設定が有効になっていて、通話がすでにステーションで接続または保留されている場合は、新しい着信通話と既存の通話の間に会議が作成されます。 会議が確立される前に、新しい通話のアナウンスが既存の通話に対して再生されます。
自動会議を有効にする

オフ (デフォルト): 自動会議設定を使用しません。

オン: 次のフィールドを使用して、自動会議設定

自動会議の暗証番号 会議に参加するために必要な番号。
言語 会議の音声メニューに使用する音声言語

カスタムオプションは、Genesys Cloudテクニカルサポート担当者がトラブルシューティングや特別な状況のために電話構成を変更できるように設計されています。 カスタムプロパティ設定は、Genesys Cloudテクニカルサポートの指示に従ってのみ入力してください。
設定    説明
プロパティ名 カスタムプロパティに割り当てる名前。
データ タイプ   カスタムプロパティのデータ型。
カスタムプロパティを割り当てる値。

  1. カスタムラインキー設定を使用するには、 電話を節約をクリック。