電話カテゴリ比較マトリックス


 

 

カテゴリ
BYOCクラウド/ PureCloud音声 
BYOCの施設
Opus
登録とフェイルオーバー
プロビジョニングと相互認証
TLS&SRTP
マネージド Y Y Y Y Y Y
管理されていない N Y Y† Y 該当なし Y§
相手先 Y* Y N 該当なし 該当なし なし
WebRTC Y Y Y Y 該当なし Yβ

* 追加の料金が発生する可能性があります

†電話モデルに依存

‡電話でサポートされている場合、管理されていない電話でフェールオーバーのセットアップを構成できます。管理された電話は、直接電話を設定せずにデフォルトこれを提供します。

§TLS / SRTPの構成は可能ですが、証明書の交換は管理が難しい場合があります。

¶の登録はありません WebRTC電話。 LDM 環境では、インターネット接続が失われた場合、通話を発信、受信、または転送できません。

mostほとんどの通信事業者では、リモート電話はトランク設定に応じてUDP / RTPプロトコルを使用しますが、プロトコルはTLS / SRTPにすることができます。

β PureCloudのWebRTC実装は、シグナリングとメディアセキュリティにTLSとSRTPを使用しますが、セキュリティモデルは通常のVoIPとは異なります。具体的には、WebRTCはSRTPを使用してメディアストリームを保護し、 PureCloudはTLSを使用してシグナリングを保護します。さらに、WebRTCはSIPメッセージでSRTPキーイングマテリアルを転送しませんが、キーの確立にDTLSを使用します。そのため、シグナリングトラフィックがキャプチャまたはログに記録されても、オーディオストリームを解読できなかったため、WebRTCはより安全です。