試行制御エントリを設定する

前提条件

 以下の権限

  • 送信 > Attemptlimits > 追加
  • 送信 > Attemptlimits  > 削除 
  • 送信 > Attemptlimits  > 編集 
  • 送信 > Attemptlimits  > ビュー 
    1. 管理をクリックします。 
    2. アウトバウンドダイヤリングで、リスト管理をクリックします。

    3. クリックし、 コントロールの試行 ] タブ。

    4. クリック 新しく作る。 

    5. 入力してエントリに名前を付けます。 制御名の試行 ボックス。

    6. 制限をいつリセットするかを決定する 毎日 そして ぜんぜん.

      • 選択 毎日 [連絡先あたりの最大試行数] または [最大試行回数] に設定されているしきい値へのダイヤル試行回数を制限します。 翌日、試行回数カウンターはリセットされ、次回のダイヤル試行が開始します。

      • ぜんぜん 最大試行しきい値に達した時点でカウンタをリセットしないようにすることを示します。

    7. [日次リセット] を選択した場合は、 タイムゾーン. タイムゾーンによって、1 日の制限が決定されます。 1 日はそのタイムゾーンの零時に開始します。 リセットが全く発生しない場合、タイムゾーンは無視されます。

    8. 内側をクリック 連絡先ごとの最大試行回数. 数字を入力するか、スピン コントロールを使用して連絡先をダイヤルできる最大数を設定します。

    9. 内側をクリック 数値あたりの最大試行数. 数値を入力するか、スピンコントロールを使用して、取引先担当者レコードの各番号が試行される最大回数を設定します。

    10. クリック オプションの設定.
    11. 以下の設定 リコールコントロール 個々のコール分析結果に対するコール試行を制限することもできます。 また、システムがリコール試行の間に待機する分数を設定することもできます。 詳細については、 キャンペーンのコールバック

      1. 選択 留守番, 忙しい, Faxまたは 応答なし リコールタイプのボックスから。 このエントリは、呼び戻しの試行回数または試行間隔の分数を入力する場合に必要です。 逆に、[リコールタイプ] ボックスから選択した場合は、リコール試行回数と試行間隔 (分) の値を指定する必要があります。

      2. 設定 リコール試行回数 1 ~ 100 の値に設定します。 この値は、最初のコール試行後に連絡先にダイヤルする回数です。

      3. 設定 試行間隔 (分) 数分の間、システムは試行間を待機する必要があります。 この値は5分未満にすることはできず、480分を超えてはなりません。

      4. オプションクリック + 別のコール分析結果のしきい値を定義します。

      ノート: 

      • 試行コントロールはプレビューキャンペーンに適用されます。
      • リコールコントロールはプレビューキャンペーンでは使用できません。
      • 再コール試行回数は、連絡先あたりの最大試行数以下でなければなりません。
      • リコールの合計時間 ([試行回数] の [試行間隔] の回数) は、480分を超えることはできません。
      • 連絡先に複数の電話番号があり、リコールタイプのエントリを設定している場合、キャンペーンが最初の呼び出し可能番号に対してそのリコールタイプを受信すると、次の番号にダイヤルする前にその番号に対して設定されているすべての呼び戻しが行われます。
      • システムは、通話中、無応答、マシン、またはファックス(設定されている場合)につながるコールのリコールをスケジュールします。 他の結果が発生した場合、システムは再呼び出しのスケジュール設定を続けません。
      • 答案の管理は連絡先リストの全体的な制限であり、廃棄によるリコールはキャンペーン実行ごとに行われます。 キャンペーンがリサイクルされた場合、再開された場合、またはリコールの結果、別のリコールタイプとなった場合、リコールはリセットされます。
        シナリオ例: リコール試行の数= 3、留守番電話リコール= 2、無応答リコール= 2。 キャンペーンが番号を呼び出し、2 回目に続けて留守番電話を受信した場合、そのキャンペーン実行の番号を再度呼び出そうとすることはありません。 
    12.  保存するをクリックします。

      example-attempt-limits-entry

 メモ:   新しい試行制御エントリが1000の最大制限数を超えた場合、エラーメッセージが表示されます。 必要に応じて古いまたは古くなった試行制御エントリを削除し、 保存 を再度実行して、新しい試行制御エントリ構成を完了します。

試行としてカウントされない結果の呼び出し

次のコール結果ではカスタマーの電話が鳴りませんので、カスタマーには不在着信は表示されません。 このため、システムはこれらの結果を、管理限界の試行に対してカウントしません。

ININ-OUTBOUND-AUTOMATIC-TIMEZONE-BLOCKED

ININ-OUTBOUND-BUSY

ININ-OUTBOUND-CALLBACK-DISCONNECT

ININ-OUTBOUND-CAMPAIGN-RECYCLE-CANCELLED-RECALL

ININ-OUTBOUND-CONTACT-ATTEMPT-LIMIT-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-CONTACT-UNCALLABLE-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-DNC-認証-失敗しました

ININ-OUTBOUND-RULE-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-INTERNAL-ERROR-SKIPPED

アウトバウンド-無効な電話番号

ININ-OUTBOUND-SIT-CALLABLE

ININ-OUTBOUND-NUMBER-ATTEMPT-LIMIT-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-NUMBER_COULD_NOT_BE_DIALED

ININ-OUTBOUND-NUMBER-UNCALLABLE-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-ON-DO-NOT-CALL-LIST

ININ-OUTBOUND-PREVIEW-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-RECALL-CANCELLED

ININ-OUTBOUND-RULE-SKIPPED

ININ-OUTBOUND-ZONE-BLOCKED-SKIPPED