前提条件
  • アウトバウンド > 連絡先リスト > 追加、削除、編集、表示 許可
  • アウトバウンド>接触>ビュー連絡先リストエディタを表示する
  • アウトバウンド>接触>追加削除、編集権限
  • アウトバウンド>接触>ビュー輸出する

連絡先リスト エディターを使用すると、管理者は連絡先リスト内の連絡先を管理できます。 

連絡先リスト エディターにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. [管理]をクリックします。
  2. 送信の下で、リスト管理
  3. クリック 連絡先リスト タブ。連絡先リストビューが表示されます。
  4. 連絡先リストビューから、もっと
  5. 選択する連絡先を編集。 連絡先リストエディタが表示されます。

    連絡先リスト エディター コントロールを使用して、ページを更新したり、連絡先リストを切り替えたり、列を表示または非表示にしたりします。

    管理 アクション

    更新する 
    ページを更新して、進行中の一括編集を表示します

     ページを更新し、進行中の一括編集を表示します。

     メモ:   一括編集および一括削除では、連絡先リスト内の連絡先の数に応じて連絡先の編集に時間がかかります。

    連絡先リスト
    このドロップダウンボックスを使用して連絡先リストを切り替えます

     連絡先リストを切り替えます。 

    列を表示または非表示にする
    このボタンをクリックすると、連絡先リストエディタの列が非表示になります

    列の表示/非表示ダイアログを表示し、連絡先リスト エディターで列を非表示にすることができます。 

    システム列
    システム列を表示するには、システム列の切り替えをオンに切り替えます。

    システム列を表示するには、システム列の上。 

    連絡先リストエディタのアクション

    連絡先を編集するときに、次の操作を実行できます。


    一括編集を使用して、連絡先リスト内の複数の連絡先を選択します。 

     メモ:   ベストプラクティスとして、一括操作の前に連絡先をエクスポートし、バックアップを作成してください。

    一括編集する連絡先を選択する方法は 3 つあります。

    • 現在のページの連絡先を選択するには、チェックボックス列の上部にあるボックスをクリックし、現在のページを選択
    • 連絡先リスト内のすべての連絡先を選択するには、チェックボックス列の上部にあるボックスをクリックし、すべてのページを選択。 
    • 複数の連絡先を個別に選択するには、各連絡先のチェックボックスをオンにします。

    連絡先を選択したら、編集。 「連絡先の一括編集」ダイアログが表示されます。 一括編集の値を入力します:

    セクション 値を入力
    ユーザー列

    編集する列を選択し、その列の値を入力します。 編集する列をさらに追加できます。 

    電話コラム

    編集できます連絡先 – 通話可能またはユーザーの電話番号 – 通話可能列。 呼び出し可能な列は、音声と SMS の両方のメディア タイプに適用されます。 連絡先の音声による連絡またはSMSによる連絡のメディアタイプを編集するには、音声/SMSメディアタイプにはcontactableを使用する切り替えるはい。 デフォルトはいいえ。 連絡可能な列はメディア タイプに固有であり、連絡先列と電話列の呼び出し可能な列よりも優先されることに注意してください。 Genesys では、連絡可能な列を使用することをお勧めします。 

    次に、編集する電話番号の列を選択し、その列の値を入力します。

    編集する列をさらに追加できます。

     メモ:   とき音声/SMSメディアタイプにはcontactableを使用するトグルはいいえ、編集することができます連絡先 – 通話可能または電話 – 通話可能列。
    メールコラム 編集する列を選択し、その列の値を入力します。 連絡先とメールの列を編集するために、メール メディア タイプによる連絡などの列を追加できます。
     メモ:   値のない列を追加する場合は、「値を入力」ボックスに空白スペースを追加します。

    連絡先リスト内の複数の連絡先を選択するには、一括削除を使用します。 

     メモ:   ベストプラクティスとして、一括操作の前に連絡先をエクスポートし、バックアップを作成してください。

    連絡先リストから連絡先を一括削除するには、チェックボックス列の上部にあるボックスをクリックします。 クリック現在のページを選択またはすべてのページを選択をクリックし、消去

     メモ:   進行中の一括削除を確認するには、ページを更新してください。 一括削除では、連絡先リスト内の連絡先の数に応じて連絡先を削除するのに時間がかかります。

    連絡先リストを次のようにフィルタリングします:

    • 連絡先リスト内の特定の連絡先を表示するには、新しい連絡先リスト フィルターを作成します。
    • 既存の連絡先リスト フィルターを使用します。

    新しい連絡先リスト フィルターを作成するには: 

    1. クリックフィルター。 フィルター タイプの選択ダイアログが表示されます。
    2. 選択するアドホックフィルターを作成するをクリックし、「条件」でフィルターの設定を構成します。
    3. 適用するをクリックします。 フィルタリングされた連絡先のリストが表示されます。
    4. フィルターを保存またはクリアできます。
      1. フィルターを保存するには、フィルターを保存次に、[フィルター名の入力] ダイアログで、[連絡先リスト フィルター名] ボックスに名前を入力します。 複数のフィルターを作成して保存できます。 
      2. フィルターをクリアするには、フィルターをクリア。 

    既存のフィルターを使用するには:

    1. クリックフィルター。 フィルター タイプの選択ダイアログが表示されます。
    2. 選択する既存の連絡先リストフィルターを使用する
    3. 連絡先リスト フィルター ボックスでフィルターを選択します。

    フィルタリングされた合計の数は、連絡先ビューの左下に表示されます。 図には、現在のページのエントリの数、フィルターに一致した連絡先の数、連絡先リスト内の連絡先の合計数など、フィルターされた合計の数が表示されます。

    カウントには以下が含まれます:

    • 現在のページのエントリの番号
    • フィルターに一致した連絡先の数
    • 連絡先リスト内の連絡先の総数

    現在のフィルターの名前が [適用されたフィルター] ボックスに表示されます。 現在のフィルターの名前は、ビューの上部にある [適用されたフィルター] ボックスに表示されます。

     メモ:   フィルタリングされたエントリに対して、一括編集、一括削除、並べ替え、エクスポートなどのアクションを実行できます。

    連絡先リスト内の連絡先をフィルターを使用して、またはフィルターを使用せずに並べ替えることができます。 連絡先を並べ替えるには、次の手順に従います。
    1. クリック選別。 並べ替えダイアログが表示されます。
    2. 並べ替え設定を構成します。
    3. 適用するをクリックします。 並べ替えられた連絡先のリストが表示されます。
    4. 並べ替えをクリアするには、並べ替えをクリア

    連絡先リストに新しい連絡先を作成するには、新しく作る連絡先の値を入力します。
    • ユーザーコラム:  ユーザー列に連絡先の値を入力します。
    • 電話コラム: 新しい連絡先の連絡先リストで定義されている電話列の値を設定します。

      設定できます連絡先 – 通話可能またはユーザーの電話番号 – 通話可能列。 呼び出し可能な列は、音声と SMS の両方のメディア タイプに適用されます。 デフォルトでは、呼び出し可能トグルははい。 連絡先のメディアタイプを音声またはSMSで連絡可能に設定するには、音声/SMSメディアタイプにはcontactableを使用する切り替えるはい。 デフォルトはいいえ。 連絡可能な列はメディア タイプに固有であり、連絡先列と電話列の呼び出し可能な列よりも優先されることに注意してください。 Genesys では、連絡可能な列を使用することをお勧めします。 

    • メールコラム: 連絡先に電子メールで連絡できるようにするには、メールで連絡可能切り替えるはい、電子メール列の値を構成します。 デフォルトははい。 

    連絡先リスト内の連絡先を変更するには、[編集] を使用します。 

    編集する連絡先を選択するには、連絡先のチェックボックスをオンにして、編集

     以下の列を編集できます。

    セクション 値を入力

    ユーザーコラム

    編集する列を選択し、その列の値を入力します。 
    電話コラム

    既存の連絡先 – 通話可能またはユーザーの電話番号 – 通話可能列。 呼び出し可能な列は、音声と SMS の両方のメディア タイプに適用されます。 特定のメディアタイプ(音声またはSMS)で連絡先または電話の列に連絡可能な列に移動するには、音声/SMSメディアタイプにはcontactableを使用する切り替えるはい。 デフォルトはいいえ。 連絡可能な列はメディア タイプに固有であることに注意してください。 この列を編集して保存すると、連絡先列と電話列の呼び出し可能な列よりも優先されます。 Genesys では、連絡可能な列を使用することをお勧めします。 

    メールコラム 編集する列を選択し、その列の値を入力します。 

    連絡先に電子メールで連絡できるようにするには、メールで連絡可能切り替えるはい、電子メール列の値を構成します。 デフォルトははい。 

    編集できないシステム列

    電話と電子メールの列の最後の試行と最後の結果を表示します。 

    連絡先リストで ATZM マッピングが使用されている場合、電話番号の列と郵便番号が設定されていれば、自動タイムゾーン情報が表示されます。 

    連絡先リスト内の特定の連絡先を表示するには、検索フィールドを使用します。 1 つまたは 2 つのフィールドを検索して、選択した列の連絡先を表示します。 

    検索を作成するには:

    1. 列検索フィールドに値を入力して連絡先を検索します。 検索では、contains 演算子を使用して値を検索します。 検索には 1 つまたは 2 つの検索フィールドを使用できます。
    2. 適用するをクリックします。 検索からの連絡先のリストが表示されます。 
    3. 検索をクリアするには、フィルターをクリア。 
     メモ:   連絡先リストにフィルターを適用すると、検索フィールドは使用できません。

    連絡先リストから連絡先を .csv ファイルにエクスポートし、そのファイルをダウンロードできます。

    連絡先をエクスポートする方法は 3 つあります。
    エクスポートできるもの:

    • 連絡先リストのすべての連絡先。
    • 連絡先リストから選択した連絡先。
    • フィルターによって作成されたリストの連絡先。  

    連絡先リストからすべての連絡先をエクスポートするには:

    1. クリックすべてエクスポート
    2. .csvファイルが作成されたら、ダウンロードするにはこちらをクリック
      図は、すべての連絡先をエクスポートするために「ダウンロードするにはここをクリック」を選択していることを示しています。
    3. エクスポートされたファイルはブラウザのダウンロード ディレクトリにあります。 

    連絡先リストから選択した連絡先をエクスポートするには: 

    1. エクスポートに含める各連絡先のチェックボックスを選択します。
    2. クリック選択した項目をエクスポート
    3. .csvファイルが作成されたら、ダウンロードするにはこちらをクリック
      図は、選択した連絡先をエクスポートするために「ダウンロードするにはここをクリック」を選択することを示しています。
    4. エクスポートされたファイルはブラウザのダウンロード ディレクトリにあります。 

    フィルターによって作成されたリストから連絡先をエクスポートするには:

    1. クリックフィルタされたエクスポート
    2. .csvファイルが作成されたら、ダウンロードするにはこちらをクリック
      図は、フィルタリングされた連絡先をエクスポートするために、[ダウンロードするにはここをクリック] を選択することを示しています。
    3. エクスポートされたファイルはブラウザのダウンロード ディレクトリにあります。 
     メモ:   連絡先リストからすべての連絡先をエクスポートする場合、特に以前にフィルタリングされたリストをエクスポートした場合は、再度エクスポートすることをお勧めします。