アウトバウンド ダイヤラーによる制限

Genesys Cloudでキャンペーンを実行するためにアウトバウンド ダイヤリングを使用する場合、次の制限に留意してください。

機能 制限
キャンペーン

最大50の音声キャンペーンを同時に実行できます。

最大25のデジタルキャンペーンを同時に実行できます。

予測キャンペーンには少なくとも15人のエージェントが推奨され、パワーキャンペーンには少なくとも10人のエージェントが推奨されます。 エージェントのリストが15未満の場合、制限されたデータセットによってエージェントの可用性の計算が不正確になる可能性があります。

これらの各タイプには、1,000のエンティティ制限があります。

  • ボイスキャンペーン
  • デジタルキャンペーン
  • シーケンス
  • 連絡先リスト
  • 連絡先リストフィルタ
  • DNCリスト
  • 試行コントロール
  • 連絡可能な時間セット
  • コール分析応答セット
  • コールルールセット
  • キャンペーンルール

1秒あたりにダイヤルされる最大コール数(CPS)は、組織ごとに15です。

キャンペーンコールの最大数は、 システムはエージェントに配置できますが15です。

ルール/秒からのAPI呼び出しの最大数は、プレコールあたり5回、ラップアップあたり5回です。

使用される最大回線数は、ここにリストされているEdgeバージョンに基づいて、Edgeグループ内のアクティブなEdgeごとに300〜350です。 BYOC PremisesEdgeモデルの同時通話容量

キャンペーンは、ソートする列を4つしか設定できません。

すべてのオブジェクト名は64文字に制限されています。
プレビューキャンペーンは、プレビュータイマーの1秒~20分に制限されています。

実行中のキャンペーンには、2つのデータアクション条件しか存在できません。

条件として使用されるデータアクションの最大数は、ルール、ルールセット、および実行中のキャンペーンごとに2つです。

アクションとして使用されるデータアクションの最大数は、ルール、ルールセット、および実行中のキャンペーンごとに10です。

「コールバックのスケジュール」コールルールアクションは、30日以上前にコールバックをスケジュールすることはできません。

電話番号は10桁以上でダイヤルする必要があり、はE.164形式である必要があります。

連絡先と連絡先リストの制限

組織ごとの連絡先の最大数は500万です。

組織または連絡先リストあたりの最大連絡先数は500万個です。

連絡禁止(DNC)記録は、DNCリストごとに100万件、組織ごとに200万件に制限されています。

連絡先リストのヘッダー列のデータの文字数制限は128文字です。

連絡先リストの列エントリのデータの最大文字数は512文字です。

連絡先リストの列数の上限は50列です。

リストごとに許可される電話番号列の最大数は10です。

特定の連絡先リストは、一度に1つの実行中のキャンペーンにのみ表示できます。

一度にキャンペーンに使用できる連絡先リストフィルタは1つのみです。

連絡先リストフィルタには、最大10個の条件を追加できます。

条件の数値は、65桁まで、小数点以下20桁までに制限されています。

試行コントロール

想起は、合計8時間、5分以上の時間にしか予定できません。

連絡先と番号の合計最大試行回数は100を超えることはできません。

試行制御エンティティの最大数は 1,000 です。

以下の項目には制限はありませんが、高レベルで使用される場合、全体的なパフォーマンスに影響を与えます。

  • 呼び出しルールごとのステップと条件の数。
  • 同時に実行されるルールの数。
  • スケジュールされたインタラクションの数。

    詳細については、 アウトバウンド ダイヤリングについてをご覧ください。

    メモ: 
    • 1キャンペーンあたりのスケジュール数は最大1つです。
    • 1つのキャンペーンスケジュールにおける最大インターバル数は500です。