シリーズ: グループを設定

グループの電話番号を設定する


前提条件
  • 管理者 デフォルトの役割
  • Edgeバージョン1.0.0.5886以降
  • Communicate ライセンス

グループが電話を受けることを許可するには、 PureCloudグループの電話番号を設定します。発信者がグループ番号をダイヤルすると、 PureCloudは指定されたルーティングタイプを使用して発信者を適切なエージェントに接続します。

グループ通話について

メモ
  • グループ呼び出し音を受信するには、グループメンバーに割り当てられているDID番号または内線番号が必要です。ユーザーに番号を割り当てる方法の詳細については、を参照してください。 DIDの割り当て または 内線番号割り当て
  • グループの公式メンバーだけがグループ呼び出しを受けます。 グループの公式メンバーは、管理者であるPureCloudユーザーです。 グループに追加
  • グループ呼び出しを受信するには、グループの所有者をメンバーとして追加する必要があります。
  • PureCloudないアラートコール転送が有効になっているグループのメンバーを。また、そのアラートメンバーは 存在感 忙しい、休憩、会議、トレーニング、食事、または不在です。PureCloudのみ割り当てられているグループメンバーのアラートデフォルト ステーション 。グループメンバーは、不在のグループ通話を自分のグループに表示できます。 通話履歴

グループの電話番号を設定する

  1. クリック 管理者
  2. ディレクトリクリック グループ
  3. 編集するグループの名前をクリックします。
  1. クリック 通話を有効にする そしてクリック 編集.
  2. の中に グループ電話番号 ボックスに、グループの電話番号を入力します。
  3. の中に 拡張 ボックスに、グループの拡張子を入力します。
  4. グループにメンバーを追加するには、をクリックします 会員 タブと メンバーを追加. 人の名前の入力を開始し、リストに表示されたら名前をクリックします。
  5. グループからメンバーを削除するには、[削除]をクリックします 人の名前の横。
  6. から コールルートタイプ リストで、次のオプションのいずれかをクリックします。
    • ブロードキャスト
      グループが電話を受けると、PureCloudはランダムに選択された15人のメンバーに同時に最大1,000人のメンバーを順番に警告します。ノー会員答えた場合は、 PureCloudし続けアラート誰かが応答するまで、15のグループにメンバー、それはすべてのメンバー、または通話時間を警告しています。
    • 順次 
      グループが電話を受けると、PureCloudはグループメンバーのリストの最初の人に警告します。メンバーの順序を指定するには、チェックボックスを使用します。1として指定したメンバーは、最初にすべての通話を受信します。シーケンスを保存するには、Enterを押してからクリックします セーブ.
    • 回転
      グループが電話を受けると、PureCloudは最後の電話を受けた人の次に、グループメンバーのリスト内の次の人に警告します。
  7. の中に 呼び出しを回転させる ボックスに、 PureCloudがランダムに選択した次の15人のグループメンバーのセットを呼び出すまでの秒数をPureCloudます。
    メモ
    • PureCloudはグループメンバーの 存在感 通話を受信できるかどうかを判断します。
    • どのグループメンバーが電話を受けるかを保証する方法はありません。ただし、 PureCloudは、以前のローテーションで電話を受けたグループメンバーを再選択しません。
  8. の中に 呼び出し停止 ボックスには、前に発生する回転の合計数を入力しPureCloud通話を終了したり転送ボイスメールにそれを。
    メモ:
    • PureCloudは最大呼び出し時間を動的に計算し、フィールドの下に表示します。
    • フル回転数に達する前に呼び出し音を鳴らす一連のユーザが他にいない場合、コールはボイスメールに転送されるか切断されます。たとえば、ローテーションの数が10であるが、利用可能なグループメンバーが30しかない場合、2つのローテーションのみが発生します。その後、通話はボイスメールに転送されるか切断されます。
    • これらのフィールドの下に表示される最大呼び出し時間は、 呼び出しを回転させる そして 呼び出し停止 田畑。ただし、グループへの呼び出しが実際に鳴る時間を表すとは限りません。これは、使用可能なグループメンバーの数によって異なります。グループメンバーは、 存在感
  9. バックアップグループを指定するには、 オーバーフロー、有効にする バックアップ連絡先. 次に、ボックスにグループ名の最初の数文字を入力し、表示されたらグループ名をクリックします。
    注意:PureCloudがコールをバックアップグループにルーティングする場合、コールをブロードキャストコールとして配信します。グループの他の事前定義されたコール処理ルールには従わないため、誰かが可能な限り迅速に応答することが保証されます。ボイスメールを有効にしていて、バックアップグループの誰も応答しない場合、コールはボイスメールに転送されます。元のグループにボイスメールが設定されていない場合、コールは切断されます。
  10. グループのボイスメールを有効にするには、オーバーフローの下で、有効にします ボイスメール.
    最大回転数が発生した後、有効にすると、 PureCloudはコールをボイスメールに自動的にロールします。有効になっていない場合、 PureCloud自動的に通話を切断します。

    ノート 
    • 公式のグループメンバーは、既存の受信トレイを介してグループのボイスメールを確認できます。 詳細については、 ボイスメールを確認する
    • グループメンバーがグループボイスメールを操作すると、すべてのグループメンバーに影響します。たとえば、グループメンバーがグループボイスメールを聞いた後、それは新しいボイスメールではなくなります。それがグループボイスメールボックスに残っている間、他のグループメンバーは新しいメッセージが利用可能であることを示すメッセージを聞きません。同様に、グループメンバーがグループボイスメールを削除すると、他のグループメンバーはアクセスできなくなります。
  11. あなたがボイスメールをオンにすると、 PureCloudできますデフォルトの挨拶します。カスタムグリーティングを使用するには、次のいずれかの操作を行います。
    • カスタムグリーティングを録音するには、赤い丸をクリックして話し始めます。停止するにレコーディング 、クリックします やめる. あなたを聞くにはレコーディング 、 演奏する.
    • 音声ファイルをアップロードするには、をクリックします オプション. 次にクリック 音声ファイルをアップロードする アップロードする音声ファイルを選択します。クリック 開いた.
      注意:アップロードできるのは.oggファイルだけです。
    • カスタムグリーティングをデフォルトのグリーティングにリセットするには、をクリックします。 オプション。次にクリック デフォルトにリセット
  12. 新しいボイスメールがグループのボイスメールボックスに到着したときにすべてのグループメンバーにメール通知を送信するには、有効にします 電子メール通知.
    メモ:
      • グループ所有者をメール通知の受信から除外するには、グループ画像の上にあるをクリックします 編集. 次に、[一般情報の編集]をクリックして、 所有者を含める オプション 。
      • 組織がHIPAAに準拠している場合、このオプションは利用できません。
    1. クリック 保存する
      グループの電話番号は、グループの連絡先情報に表示されます。


    グループ所有者の追加と削除 :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: