クライアントのIPアドレスとNAT

Genesysは、エッジが、で定義されているUDPの現在のインターネットのベストプラクティスに従うNATの背後に座ることを強く推奨します。 RFC4787(RFC4787).

Genesys Cloudでは、「エンドポイントに依存しないマッピング」動作を提供するためにNATが必要です。WebRTCメディアセッションの両方のピアがエンドポイントに依存しないマッピング動作を提供しないNATの背後にある場合、メディアトラフィックはTURNサーバを介したリレーを必要とすることがよくあります。TURNサーバーを介して中継すると、待ち時間が長くなり、WebRTCのユーザーエクスペリエンスが損なわれます。