タスクにラップアップ コードの設定アクションを追加


このアクションにより、エージェントは必要なものを選択できます ラップアップ コード 通話に割り当てる場所。 このアクションはiで利用可能ですnbound、outbound、チャット、メッセージ、および電子メールのフロー。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. [タスクエディタ] ツールボックスから、[ フロー カテゴリをドラッグし、 Wrapup コードの設定 タスクエディターで適切な場所にアクションを実行します。
  5. の中に 名前 箱、t以下のための独特の名前YPE ラップアップ コードドの選択、または退出 デフォルトのテキスト: Wrapup コードの設定.ここで入力するラベルは、コールフロー構造に表示されるアクションの名前になります。
  6. の端にある矢印をクリックします まとめコード ドロップダウンリストから、このタスクアクションのデフォルト ラップアップ コードを選択します。
  7. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。