スケジュールでエージェントに休日を追加する


スケジュール内のエージェントに1日の休暇を追加できます。

  1. クリック 管理者
  2. 労働 力 管理 クリック スケジュール.
  3. 右上隅にある [ 管理単位 必要な管理単位をリストして選択します。
  4. 目的のスケジュール検索し、リストから選択します。スケジュール エディターが開きます。
  5. オプションデータを表示するタイムゾーンを変更するには、右上隅で現在のタイムゾーンリストを選択します。
    注意:デフォルトでは、ビューはビジネスユニットのタイムゾーン使用しタイムゾーン 。
  6. 選択して、休日を追加するエージェントを強調表示します。
    注意:つかいます Ctrl +クリック 複数のエージェントを選択します。
  7. の端にある矢印をクリックします アクションを選択 ダイアログ ボックスおよび選択 終日追加。 ダイアログ ボックスが開きます。
  8. アクティビティコードリストをクリックし、アクティビティコードを選択して、休日に適用します。
  9. [開始日]ボックスの最後にあるカレンダーアイコンをクリックしてオフを適用し、日付を選択します。
  10. 長さ、 使用 時間 そして  上下の矢印を使用して、オフの時間の長さを選択します。
  11. 代理人に1日の休みの支払いが行われる場合、クリックして変更します 有料時間としてカウントはい
  12. オプションで、休日の説明を追加してからクリックします OK