シリーズ: Google Cloud TTS統合をインストールして構成する

Google TTS統合をアクティブにして構成する


前提条件

詳細については、 Cloud Text-to-Speech APIクイックスタート:コマンド回線使用

音声合成(TTS) Google Cloud 音声合成(TTS) (TTS)エンジンにPureCloudするには、最初にGoogle Cloud 音声合成(TTS)統合を追加および構成してから、資格情報を追加する必要があります。

注意:GoogleがGoogleの価格を設定 サービスに送信される音声に合成する文字数に基づいて、毎月Cloud Text-to-Speech API。 詳細については、 Google Cloud 音声合成(TTS) APIの価格

Google Cloud Text-to-Speech統合を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 作成する Google Cloudサービスアカウント JSONバージョンのダウンロード サービスアカウントキー
    注意:JSONファイルには、 PureCloudとの統合に必要な資格情報が含まれています。Google Cloud TTS統合では、サービスアカウントにロールまたは管理者を追加する必要はありません。
  2. Google Cloud TTS統合を開きます。
    • 以前にPureCloud組織に統合をインストールしていない場合、 今すぐインストールする
    • 統合をインストールした場合は、 PureCloud管理メニューを開き、 統合、クリック 統合。次に、Google Cloud Text-to-Speech統合を検索して開きます。
  3. PureCloud統合ページで、をクリックします 資格情報 タブ 。
  4. クリック 構成、設定。 Configure Credentials ダイアログ ボックスが開きます。
  5. 以前にダウンロードしたGoogle Cloud 音声合成(TTS) JSONサービスアカウントキーファイルを開きます。
  6. JSONサービスアカウントキーファイルの情報を適切なPureCloudフィールドにPureCloudます。
    1. JSONファイルから「client_id」値をPureCloudコピーします クライアントID フィールド。
    2. JSONファイルから「client_email」値をコピーPureCloud クライアントメール フィールド。
    3. JSONファイルから「private_key_id」をPureCloudコピーします 秘密鍵ID フィールド。
    4. JSONファイルから「private_key」値をPureCloudコピーします 秘密鍵 フィールド。
      ノート
      • 引用符の間に表示されるすべての情報をコピーしてください。
      • 表示されている正確な値をコピーして貼り付け、値が無効なコマンドに変換されないようにしてください。たとえば、サード相手コピープログラムを変換することができます \n 新しい回線価値。
  7. クリック OK
  8. [保存]をクリックします。
  9. Google Cloud Text-to-Speech ステータスを有効にするには、 状態 列クリック 非アクティブ。[ステータスの変更] ダイアログボックスが開きます。
  10. クリック うん. Google Cloud Text-to-Speech統合ステータス変更 アクティブ

Google TTS統合をインストールする :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: