ACDボイスメールインタラクションを操作する

前提条件

  • ボイスメール > AcdVoicemail > 見る 任意のユーザロールに割り当てられている
  • ヘッドフォンまたはスピーカーを備えたコンピューター

ACD ボイスメールインタラクションは、エージェントと接続する代わりにボイスメールを残すオプションを発信者に提供するようにコールフローが設定されている場合に作成されます。 いくつかの例には、長い待ち時間を持つクローズドキューまたはビジーキューが含まれます。 発信者がボイスメールを記録すると、Genesys Cloudは、指定されたキューにある利用可能なエージェントにボイスメールを転送します。

メモ:   Architectでコールフローを設定すると、 ボイスメールアクションに転送つまり、発信者は、エージェントへの接続を待つのではなく、キューにいる間にボイスメールを残すことができます。

ACDボイスメールインタラクションを受け入れる

  1. エージェントとしてログインして 待ち行列に行く。  インタラクション パネルが開きます。 新しいインタラクションと現在のインタラクションが[アクティブなインタラクション]リストに表示されます。 
  2. 対話を受け入れるには、をクリックします 応答。 ボイスメールが表示されます。
  3. ボイスメールを聴くには、 再生 . ボイスメールはコンピュータのデフォルトのスピーカーで再生されます。

ボイスメールに返信する

連絡先の電話に戻らずにボイスメールのやりとりを処理できます。 ただし、ほとんどの場合はコールバックが必要です。

ACDコールフローの場合 発信者の電話番号をキャプチャするように設定されている場合、その番号はボイスメールの上に表示されます。 発信者が別のコールバック番号を好むことをボイスメールが示している場合は、をクリックして追加できます。  番号を入力します。

  1. 電話をかけるには、をクリックします。 電話をかける
  2. 通話を終了して 通話後に完了(ACW)。
  3.   T対話を完了するには、をクリックします。 完了。

再生音量を調整する

ボイスメールの再生音量を音量調節で調整します。

再生速度を調整する

スピードトグルでボイスメールの再生スピードを調整します。