[メッセージ本文の編集]ダイアログボックスで作業する


[メッセージ本文の編集]ダイアログボックスで、メッセージ受信者に送信する複雑な式を作成できます。

応答の送信アクションからアクセスできるString Builderを使用すると、受信者に送信するメッセージ要素のより複雑な順序のシーケンスを作成できます。あなたが使用することができます データ、式、プロンプト、およびテキスト要素の任意の組み合わせ。

[メッセージ本文の編集]ダイアログボックスにアクセスする

応答の送信アクションのメッセージ本文から[文字列ビルダー]ダイアログボックスを開きます。デフォルトでは、メッセージ本文ボックスは空白です。

  1. メッセージフローのタスクまたは状態エディタから、 応答を送信 適切な場所へのアクション。
  2.  下 メッセージ本文次のいずれかを実行します。
  3. に単純な式を追加します。 式を入力 フィールド。
  4. より複雑な式を作成するには、 をクリックします。 キーボード ボタン。[メッセージの編集] 本文ダイアログ ボックスが開きます。 

メッセージ本文式を設定する

[メッセージ本文の編集]ダイアログボックスで、式ビルダーを使用してメッセージシナリオの式を作成できます。さらに、式のヘルプにアクセスすることもできます。 式に含めるメッセージ要素の総合リスト。ここでは、詳細な説明、例、および出力例を見ることができます。適切な式の例をコピーしてメッセージシーケンスのデザインフォームに貼り付け、式に合わせて変更します。

この表には、[メッセージ本文の編集]ダイアログボックスで使用可能なオプションが一覧表示されています。

アイコン カテゴリ 説明
関数 式のインラインヘルプにアクセスします。
通貨リスト 表現に使用可能な通貨要素から選択します。
言語コード 表現に使用可能な言語要素から選択します。
リテラル  true、false、などの表現に使用可能なリテラルから選択 NOT_SET、 \n、 \t「そして」
変数  選択する リストでそれらをクリックすることによってあなたの表現のために利用可能なプロセス要素から。
ビルダー 現在のカラットにある関数の関数ビルダーを開きます。
セレクタ 現在のカーソル位置の機能を選択します。