String Builderを使用してメッセージシーケンスを設定する


からアクセス可能な文字列ビルダーを使用します 応答送信アクション、受信者に送信するメッセージ要素のより複雑なシーケンスを作成します。あなたが使用することができます データ、式、プロンプト、およびテキスト要素の任意の組み合わせ。

String Builder ダイアログ ボックスアクセスする

応答の送信アクションのメッセージ本文から[文字列ビルダー]ダイアログボックスを開きます。デフォルトでは、メッセージ本文ボックスは空白です。

  1. メッセージフローのタスクまたは状態エディタから、 応答を送信 適切な場所へのアクション。
  2.  下 メッセージ本文、 クリックしてメッセージビルダーメニューを開きます。 
  3.  選択する 文字列ビルダー。[文字列ビルダ] ダイアログボックスが開きます。

メッセージ本文を設定する

メッセージ要素を使用して、メッセージ受信者に送信するより複雑な順序付きメッセージシーケンスを設定します。含めることができます データ、式、プロンプト、およびテキスト要素の任意の組み合わせ。

    作成したカスタム変数を分析するようにArchitectに指示することを選択できます。たとえば、メッセージ送信者のアドレスまたはメッセージがフローに入った時刻を見つけます。インタラクション IDや現在のフローバージョンなどのプリセット変数を含めることもできます。

    1. クリック データ。Architect は [データ] フィールドを表示します。
    2. クリック 変数を選択 適切な属性リストして選択します。
    3. オプションで、別のデータ、式、プロンプト、テキスト、または文字列解析要素をシーケンスに追加します。

    • Message.Message.senderAddress

    メッセージシーケンスに式を追加して、発信者に情報を表示するなど、特定の操作を実行できます。

    1. クリック 表現
    2. 式フィールドでは、次のいずれかを実行します。
      • 式を入力します。
      • キーボードのボタンをクリックして、大きな式エディターを開きます。式のヘルプまたはその他の要素ツールを使用して、完全な式を構成します。
    3. オプションで、別のデータ、式、プロンプト、テキスト、または文字列解析要素をシーケンスに追加します。

    • Message.ConversationID
    • Flow.StartDateTimeUtc
    • Flow.Version
    • 追加(「こんにちは」、「Message.Message.senderAddressInfo。名前「)
    • ToDisplayString(Flow.AccountBalance)

    それに関連するテキストを表示、またはから1を追加するためのプロンプトを選択ダイアログ ボックススダイアログ ボックス 。

    1. クリック 促す。Architect は [プロンプト] フィールドを表示します。
    2. 次のうちいずれか一つを行います。
      • クリック プロンプトを選択 リストから適切なプロンプトを選択します。
      • 式ビルダーに切り替えて、適切なプロンプトを入力します。
    3. 表示することを選択します テキスト または テキスト読み上げ プロンプトに関連付けられた文言。
    4. オプションで、別のデータ、式、プロンプト、テキスト、または文字列解析要素をシーケンスに追加します。

    注意:新しいプロンプトをアップロードするには、をクリックします + ボタン。[プロンプトを作成] ダイアログ ボックスが開きます。詳細についてはレコーディングのプロンプトを参照してください 通話プロンプトを操作する

    • シーケンスビルダーで、選択します calendar_day リストから。
    • 式ビルダーで、次を入力します PromptSystem.calendar_day

    テキスト要素を使用して、 Architectが受信者に表示する単語またはフレーズを入力します。

    1. クリック テキスト。Architectはテキストフィールドを表示します。
    2. Architectが受信者に表示する単語またはフレーズを入力します。
    3. オプションで、別のデータ、式、プロンプト、テキスト、または文字列解析要素をシーケンスに追加します。

    • タイプ: メッセージありがとうございます
    • タイプ: クレジットカードの下4桁は

    指定した文字列値から最後の4文字を取得できます。たとえば、クレジットカード番号。

    1. クリック 文字列解析
    2. 選択する 最後の4文字
    3. の中に の最後の4文字 ボックスで、次のいずれかを実行します。
    4. 適切な式を入力します。
    5. キーボードボタンをクリックして大きな式ビルダーを開き、より複雑な式を入力します。
    6. 式ボタンをクリックしてリテラルを選択し、リテラルビルダーに切り替えて文字列値を入力します。

    例:

    • 選択または入力: Flow.AccountBalance.amount
    • タイプ: Right(ToString(Flow.AccountBalance)、4)