孤立した記録を表示する


前提条件

  • 品質管理者 デフォルトの役割または 録画> ;孤児録画> ;表示、編集、削除 任意のユーザーロールに割り当てられている権限

孤立した記録とは、Genesys Cloudによって処理されずにEdgeに残っている記録のことです。孤立した録音は会話に添付されないため、インタラクションの詳細ビューでは録音にアクセスできません。

通常、Genesys Cloudは、Edgeに保存されている記録をGenesysクラウドにアップロードするか、削除するポリシーを使用します。 このプロセスが失敗した場合、記録はEdgeに残り、Genesys Cloudはそれらを孤立した記録として識別します。たとえば、エージェントが会話にラップアップコードを追加しない場合、Genesys Cloudは会話を未完了と解釈します。この状況では、Genesys Cloudは、記録の何をすべきかを決定するポリシーを使用できないため、Genesys Cloudは記録が孤立していると識別します。

孤立した録音に関する情報を表示して、実行するアクションを決定できます。

  1. 管理者をクリックします。
  2. 品質クリック 記録管理
  3. 横のリンクをクリック 孤立した録音 それは孤立した記録の数をリストします。 孤立した記録

孤立した録画画面にEdgeの録画が表示されます。各録音を再生、削除、ダウンロード、または会話に再添付できます。

孤立した録画リスト


ほとんどの孤立した録音には、どの会話に属しているかに関するメタデータが含まれています。既知の会話を持つ孤立した記録のみを表示することも、すべての孤立した記録を表示することもできます。

  1. [会話ステータス]列のフィルタをクリックします。
  2. 選択する すべて または 既知の会話
  3. クリック 適用する


ほとんどの孤立した録音には、どの会話に属しているかに関するメタデータが含まれています。これらの録音を会話に再接続して、録音がインタラクション詳細ビューに表示されるようにすることができます。

    1. クリック 会話に録音を添付 アイコン。 会話アイコンに再接続
    2. 必要に応じて、アーカイブ日と削除日を変更します。
      1. 新しいアーカイブまたは削除日を選択するには、日付をクリックしてください。
      2. アーカイブを選択しない、または日付を削除するには、をクリックします。 バツ 日付の横にあります。
    3. クリック 再取り付け

注意:録音を再接続することは恒久的な操作であり、元に戻すことはできません。

Genesys Cloudには録音に関する会話情報がないため、ユーザー インターフェイスを使用して会話に再び添付することはできません。代わりに、録音を聞き、次に自分がどの会話に属しているかを手動で見つけるなど、他の方法で正しい会話を見つけます。

記録が属する会話がわかっている場合は、 Genesys CloudレコーディングAPI. にPUTリクエストを送信する / api / v2 / orphanrecordings / {orphanId}。 

 孤児の記録のIDを取得するには、ブラウザの開発者ツールを使用して孤児の行を調べます。 不明な孤児記録ID

リクエスト:

PUT /api/v2/orphanrecordings/3dbe567e-a6c1-42b6-ab84-e5547eac3eff 

体:

 {
 "archiveDate": "2017-01-24T20:14:26+00:00",
 "deleteDate": "2017-02-24T20:14:26+00:00",
 "conversationId": "84e9af79-052f-4277-9fea-3857dbe51bd3"
 }
 

conversationIdは実際の会話からのものでなければなりません。この例はIDのため、失敗します。

注意:録音を再接続することは恒久的な操作であり、元に戻すことはできません。