前提条件
  • 管理者役割
  • 使用法>イベント>ビュー許可

運用イベントは本質的に実行可能であり、管理者に問題の診断とトラブルシューティングに必要な詳細を提供します。 管理者は、Genesys Cloud の操作コンソール ページでこれらのイベントを表示することも、 Amazon EventBridge の統合。 のイベントカタログは、管理者が運用イベントのトラブルシューティングを行うための追加のガイダンスを提供します。 

Genesys Cloudの操作コンソールページで操作イベントを表示

  1. 管理をクリックします。
  2. トラブルシューティング、 クリック操作コンソール

最後に発生したイベントを含む操作コンソール ページが開きます。 運用イベントは10日間利用可能です。

画像をクリックして拡大します。

操作コンソールページ

日付範囲による運用イベントのフィルタリングを開始します。 日付範囲でイベントをフィルタリングした後、エンティティ名または ID、および/またはイベント定義 ID フィールドでフィルタリングできます。

運用イベントは10日間利用可能です。 デフォルトでは、カレンダーの開始日には最後に発生したイベントの前の日付が表示され、終了日には現在の日付が表示されます。

  1. 運用イベントを日付範囲でフィルタリングするには:
    1. 内をクリックします始めるまたは終わり日付フィールド。 カレンダーが表示されます。
    2. 開始日をクリックして選択し、次に終了日をクリックして選択します。 

画像をクリックして拡大します。

開始日と終了日のフィールドとカレンダーの画像

  1. エンティティ名または ID、および/またはイベント定義 ID によって操作イベントをフィルターします。
    • イベント定義 ID でフィルタリングするには、次のいずれかを実行します。
      • に値を入力します。イベント定義IDフィールドに移動し、ドロップダウンから提案されたイベント定義 ID を選択します。
      • クリックイベント定義IDフィールドをクリックし、ドロップダウンから値を選択します。

画像をクリックして拡大します。

イベント定義IDフィールドの画像

イベント定義 ID フィルターをクリアするには、イベント定義IDドロップダウンを再度クリックし、リストの外側の任意の場所をクリックします。

    • エンティティ名または ID でフィルタリングするには:

エンティティ名またはIDをエンティティ名またはID検索フィールド。 入力した値とフィルターをクリアするには、 をクリックします。クリアエンティティ名または ID フィールド。

画像をクリックして拡大します。

エンティティ名またはIDフィールドのクリアアイコンの画像

      クリック追加イベントの詳細詳細を表示するには、操作コンソール ページで操作イベントを参照してください。 「追加のイベントの詳細」ウィンドウが表示されます。
       メモ:   「追加イベント詳細」ウィンドウに表示される詳細は、イベント定義 ID によって異なります。

      画像をクリックして拡大します。

      追加イベント詳細ウィンドウの画像

      運用イベントのイベント定義IDをクリックすると、関連するコンテンツが動的に表示されます。イベントカタログ。左側に読み取りウィンドウが開き、トラブルシューティングの手順、考えられる原因の背景、テストの推奨事項などの詳細が表示されます。

      画像をクリックして拡大します。

      トラブルシューティング情報がイベントカタログから動的に取得され、操作コンソールページに表示される様子を示す画像

      Amazon EventBridge 統合を設定し、運用イベントを受信する

      Amazon EventBridge 統合を使用して操作イベントを受信するには、[統合] タブで v2.operations.events.{id} をサブスクライブします。
      • 詳細についてはAmazon EventBridgeのセットアップ、インストール、設定、使用方法については、以下の記事を参照してください。 Amazon EventBridge 統合について
      • その他の技術的な詳細や利用可能なイベントについては、 Amazon EventBridge integration をご覧ください。

      運用イベントを受信したら、Genesys Cloud 開発者センターのイベント カタログにアクセスして、開始方法に関する推奨事項を確認したり、イベントの追加コンテキストを読んだり、関連する診断とトラブルシューティングの手順を確認したりできます。
      1. イベントカタログ を開く。
      2. イベントのドキュメントを開くには、左側のナビゲーション・ペインでイベント名をクリックするか、イベント・カタログを下にスクロールしてイベントIDをクリックします。
      3. イベントのドキュメントを読み、推奨される診断ステップを進め、必要に応じてトラブルシューティング・ステップを適用してください。
      4. イベント シナリオが解決するかどうかを評価する最適なポイントと、シナリオが解決しない場合の進め方を示す指示に従ってください。

      一部のイベントは本質的に膨大な量になる場合があり、また単一のイベントが必ずしも問題を示すとは限りません。 これらのイベントについては、アラートまたはしきい値設定の推奨設定手順を確認してください。イベントカタログ。 サブスクライブするイベントを確認する際には、推奨される構成設定を確認してください。