コールを転送


前提条件
  • キューへの転送:R外出 > ; キュー > ; 見る または ルーティング> ;キュー> ;検索 いずれにも割り当てられたユーザー 役割 

コールを別のユーザーに転送するには、以下の 2 つの方法があります。

  • ブラインド転送:転送相手に確認せずにコールを転送する
  • 転勤相談:転送相手に相談してからコールを転送します。


後にブラインド転送を実行する 作る または 受け取り 電話:

  1. [通話]パネルで、をクリックします。  そして選択 転送
  2. フィールドに電話番号を入力して、Enterキーを押します。 あるいは、名前の入力を開始して、候補のリストから目的の人またはキューを選択します。

    注意:完全な電話番号を使用してください。PureCloudは内線番号のみをサポートしていません。

  3. クリック ブラインド通話がアクティブな通話から消え、PureCloudがそれを受信者に送信します。
    メモ: キューへのブラインド転送を実行する場合、PureCloudは、デフォルトによって元の呼び出しに適用されたスキルベースの情報を記憶します。あなたはできる ブラインドトランスファーからすべてのスキルを削除します 組織の設定で。


後に相談転送を実行するには 作る または 受け取り 電話:

  1. [通話]パネルで、をクリックします。  そして選択 転送
  2. フィールドに電話番号を入力してを押します。 入る。あるいは、名前の入力を開始して、候補のリストから目的の人またはキューを選択します。
  3. クリック 相談するPureCloudは、最初の参加者が受信者と接続している間、保留にします。
  4. 次のうちいずれか一つを行います。
    • 目的の受信者が応答して転送に同意する場合は、[はい]をクリックします。 転送
    • 目的の受信者が転送に応答しない、または転送に同意しない場合は、をクリックします。 転送をキャンセルします。
    • 転送する前に3人の参加者全員の間でさらにコンサルティングが必要な場合は、をクリックしてください。 すべて


注意: 外部の相手に転送された通話は、PureCloudを通じて引き続き接続されます。これらの接続は2つのコールレッグという結果に終ります:元の呼び出し元からPureCloudへ、もう1つはPureCloudから転送先へ。この2つのコールレッグは、片側が切断されるまで料金が発生する可能性があります。