Google Cloud Functionsのセットアップ


注意:この記事は、Google Cloud Functionsで使用した場合のGoogleデータアクション統合に適用されます。

Google Cloud FunctionsをGoogleデータアクション統合で使用できますが、その使用には特別な処理が必要です。

次の手順は、Googleデータアクション統合で関数を使用するための設定の概要を示しています。

  1. Google Cloud Platformを構成します。

    サービスアカウントの追加と秘密鍵ファイルの作成に加えて、機能、役割、権限を構成する必要があります。詳細については、 Google Cloud Platformを構成する.

    実際の例については、 データデータ アクションしたGoogle Cloud Functionの例.

  2. 統合を追加します。

    Google Cloud Platformで設定したサービスアカウントごとに統合を追加します。Google Cloud Platformのサービスアカウントにまたがる複数のAPIを使用する場合は、サービスアカウントごとに個別の統合を追加します。詳細については、 データアクション統合を追加する

  3. カスタムアクションを作成します。

    Google Cloud Functionsを実行できるアクションを作成します。Google Cloud Functionsを実行するアクションの構成には、特別な入力が必要です。詳細については、 統合用のカスタムアクションを作成する, 統合のカスタムアクションに構成を追加します。データアクションのリクエスト構成、および データアクションの応答構成.

     実際の例については、 データデータ アクションしたGoogle Cloud Functionの例.

これで、Google Cloud Functionsを実行するデータデータ アクション使用できます。

統合の詳細については、 Googleデータアクションの統合について.