データデータ アクションしたGoogle Cloud Functionの例

 メモ:   この記事は、Google Cloud Functionsで使用した場合のGoogleデータアクション統合に適用されます。

次のコンテンツには、Google Cloud関数の例と、関数を実行するデータデータ アクションが含まれています。 Google Cloud Platformプロジェクトに関数を追加し、データアクションをGenesys Cloud組織にインポートして、Googleデータアクション統合で使用できます。

詳細については、 Google Cloud Functionsのセットアップ

Google Cloud関数の例

次のコードは、JavaScriptで記述されたGoogle Cloud Functionです。 このコードをコピーして、Google Cloud Platformプロジェクトに関数を作成します。 Google Cloud Platform で関数を処理するように設定し、関数の戻り値のレスポンスがapplication/json for Content-Type であることを確認してください。 詳細については、 Google Cloud Platformを構成する.

/ **
 *すべてのHTTPリクエストに応答します。
*
 * @param {!express:Request} reqHTTPリクエストコンテキスト。
* @param {!express:Response} resHTTP応答コンテキスト。
* /
 exports.testAction =(req、res)=> {
 if(req.body.inputNumber1 <= 0 || req.body.inputNumber2 <= 0){
 res.status(400).send({エラー: '入力はゼロより大きくなければなりません'});
 } そうしないと {
応答= createResponse(req);
 res.status(200).send(response);
 }
 };

 / **
 *すべてのHTTPリクエストに応答します。
*
 * @param {!express:Request} reqHTTPリクエストコンテキスト。
* /
関数createResponse(req){

 var response = {};
 response.sumOfNumber1AndNumber2 = req.body.inputNumber1 + req.body.inputNumber2;
応答を返します。
 }

データ アクション

次のJSONは、サンプルの関数を実行するデータデータ アクションです。 あなたはにインポートするJSONの圧縮バージョンをダウンロードすることができデータ アクション : テスト・クラウド・ファンクション・データ・アクション (.zip)。 詳細については、以下を参照してください。 統合のためのカスタムアクションの作成 および 統合のためのデータアクションをインポートまたはエクスポートする.

requestUrlTemplate はトリガーURLで、機能の場所 (us-central1)、プロジェクト名 (businesscallingapi)、機能名 (function-test-action)を含み、https://{location-of-function}-{project-owning-function}/{function-name} 形式である。 詳細については、 統合のカスタムアクションに構成を追加する.

{{
 "名前": "Test-Cloud-Function-Math-Example-Exported 2020-07-28 @ 11:06"、
 "integrationType": 「google-cloud-data-actions」、
 "actionType": "習慣"、
 「設定」: {{
 "リクエスト": {{
 "requestUrlTemplate": "https://us-central1-businesscallingapi.cloudfunctions.net/function-test-action-math-example"。
      "requestType "を指定します。 "役職"、
 「ヘッダー」: {}
    },
    "応答"。 {{
 "translationMap": {}、
 "translationMapDefaults": {}、
 "successTemplate": 「$ {rawResult}」
 }
 }、
 "契約する": {{
 "入力": {{
 "inputSchema": {{
 "題名": 「合計入力」、
 "タイプ": "物体"、
 "プロパティ": {{
 "inputNumber1": {{
 "タイプ": "番号"
 }、
 "inputNumber2": {{
 "タイプ": "番号"
 }
 }、
 "additionalProperties": true
      }
 }、
 "出力": {{
 "successSchema": {{
 "題名": 「合計応答」、
 "タイプ": "物体"、
 "プロパティ": {{
 "sumOfNumber1AndNumber2": {{
 "タイプ": "番号"
 }
 }、
 "additionalProperties": true
      }
 }
 }、
 "安全": true
}

テストデータ アクションことを確認するためにデータ アクションエラーなしで実行されます。 詳細については、 統合のためのテストデータアクション

詳しくは、Google data actions integration について をご覧ください。