To configure and send an automated notification to Genesys Cloud users, use the Send Notification action in workflows. Drag a Send Notification action from the toolbox into the appropriate location in the task editor. The ability to notify automatically can be an especially useful feature. For example, users of workforce engagement management can use the Send Notification action to notify a contact center supervisor when they have completed or released an agent evaluation.

 メモ:   You can only send a notification with the Send Notification action to a maximum of 50 recipients.
名前 説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。
通知タイプ The type of notification that Genesys Cloud sends. The default setting is email.
通知対象

通知の件名を入力します。

  • 単純な通知件名を作成するには、Literal を選択し、通知文字列を入力します。
  • 式を使用してより複雑な通知件名を作成するには、 を選択し、 をクリックして大きな式エディタを開きます。 通知件名」式の編集ダイアログボックスが開きます。
  • データ、式、プロンプト、テキスト要素を自由に組み合わせて、より複雑な通知シーケンスを作成するには、String Builder を選択します。 [文字列ビルダ] ダイアログボックスが開きます。

If you supply a NOT_SET string value, or select the ‘No Subject’ option, Genesys Cloud uses a blank string as the notification subject. 

通知機関

通知メッセージの本文の内容を、プレーンテキスト、有効なHTML、または文字列表現として入力します。 

  • シンプルな通知を作成するには、Literal を選択し、通知文字列を入力します。
  • 式を使用してより複雑な通知を作成するには、 を選択し、 をクリックして大きな式エディタを開きます。 通知本文の編集」ダイアログボックスが開きます。
  • データ、式、プロンプト、テキスト要素を自由に組み合わせて、より複雑な通知シーケンスを作成するには、String Builder を選択します。 [文字列ビルダ] ダイアログボックスが開きます。

NOT_SET 文字列値を指定するか、「本文なし」オプションを選択すると、Genesys Cloud は通知本文として空白の文字列を使用します。 

 メモ:   通知メッセージ本文をHTMLとして作成するには、Eメール通知スタイルをHTML ('html') に設定します。

ユーザーに送る

通知を送信したいユーザーのコレクションを選択します。 コレクションには少なくとも1人のユーザーが必要です。 コレクション内のユーザーに NOT_SET 文字列値を指定すると、Genesys Cloud はそのユーザーを無視します。 

メール通知スタイル

Select the email format to use. You can choose between plain text and HTML.

 メモ:   The default setting is plain. If the value you specify evaluates at runtime to a value other than plain or HTML, Genesys Cloud uses the default setting when sending the email.

Eメール

Enter the email address to use as the sender of the email for an email notification. By default, Genesys Cloud uses the ‘no-reply@[region].com’ email address.

ノート: 

  • デフォルトのEメールアドレスを上書きするには、次のような式を使用します。、Eメールアドレスをこのアクションに適したアドレスに置き換えます:
     MakeEmailAddress("company@initech.com")
  • The email domain must be a verified domain in Genesys Cloud. If the domain is not verified in Genesys Cloud, the Send Notification action takes the failure path.
失敗の出力

これらの出力により、ワークフロー作成者は、Send Notification アクションが失敗パ スを取る際に、結果として生じる errorType および errorMessage 変数の結果をマップすることができる。

  • errorType: エラーのタイプまたはカテゴリを含む空でない文字列。
  • エラーメッセージ: ローカライズされていないエラーメッセージ 文字列は空でも構いません。 。

メモ: errorType の隣にある情報アイコン にカーソルを合わせると、許容されるerrorType値のリストが表示されます。

Genesys Cloudは障害パスのシナリオをチェックし、そのいずれにも当てはまらない場合、Genesys Cloudは通知を送信する。 以下のerrorType値を使用できる:

  • ActionInvocationLimitExceeded: If a workflow has successfully run the Send Notification Action three times, any subsequent invocations of the action take the failure path.
  • GeneralError: If the Genesys Cloud email service responds with an error when sending out the notification, the Send Notification action takes the failure path.
  • InvalidEmailFrom : Email From'フィールドに未検証のGenesys Cloudドメインを指定した場合、Send Notificationアクションは失敗パスを取ります。
  • InvalidNotificationType : Notification Type'が有効でない場合、Send Notificationアクションは失敗パスを取る。
  • InvalidSubject: If you provide an invalid notification subject or body for the notification, the Send Notification action takes the failure path. 
  • InvalidUserCollection : ユーザのコレクションに50人以上のユーザが含まれているか、コレクションが空であるか、NOT_SET値を持つユーザのみが含まれている場合、Send Notificationアクションは失敗パスを取ります。
  • SendNotificationActionDisabled: If the Send Notification action is disabled, the Send Notification action takes the failure path. The action can be disabled for an organization, for example, when the organization has a high email bounce or complaint rate related to the use of the Send Notification Action. In this case, a recommended corrective action is to review the email addresses of the users you specified within the Send To Users list and make sure that the addresses are valid.