スクリーンレコーディング 、評価、調査の許可の変更


発表日 効力を発する 
2020年05月06日 2020年06月24日

画面記録、評価、および調査に関するより柔軟な構成をサポートするため、Genesys Cloudはワークフォースエンゲージメント管理を使用するエージェントに権限を追加しました。これらの機能を権限するには、目的の機能に参加する権限をエージェントに割り当てる必要があります。次の権限が使用されます。

許可が必要です
品質 > 調査 > 参加する
品質 > 評価 > 参加する
レコーディング > screenRecording > 参加する

Genesysクラウドは自動的にこれらの権限を追加する役割が含ま権限ルーティング>エージェント> OnQueueを。

変更後、組織の管理者は、組織のニーズに応じて、エージェントからさまざまな機能の権限を削除することを選択できます。

よくある質問

影響を受けますか?

スクリーンレコーディング 、評価、アンケートを利用すると影響を受けます。ただし、 Genesysは、エージェントが現在の能力を失わないように対策を講じています。

この変更にどのように準備できますか?

この変更の前にアクションは必要ありません。リリース後、エージェントの役割に、それらが参加すると予想される各機能に対して適切な権限があることを確認してください。

助けが必要な場合や質問がある場合はどうすればよいですか。

マイサポートに連絡してください。