インタラクションの監査証跡を表示する

前提条件

    監査証跡を表示するには、品質管理者と品質評価者の役割が必要です。 監査証跡を表示するには、次の権限が必要です。

    • 監査>インタラクションの詳細>表示

    [監査証跡]タブには、記録、注釈、評価、および調整など、対話の処理方法の履歴が表示されます。

    1. [パフォーマンス] > [インタラクション] をクリックします。 
    2. 対話の行をクリックします。
    3. クリック 監査証跡 タブをクリックしてクリックします すべての監査をロード。 
    4. 画面の右側にあるフィルターを使用して、正しい監査ログにアクセスして表示します。

    最初にクリックしたとき 監査証跡 タブ、画面は空です。

    画像をクリックして拡大します。

    最初に[監査証跡]タブをクリックすると、画面は空になります。

    [すべての監査をロード]をクリックすると、すべての監査のリストが画面にロードされます。

    画像をクリックして拡大します。

    [すべての監査をロード]をクリックすると、すべての監査のリストが画面にロードされます。

    インタラクションの監査証跡に含まれる情報

    監査証跡には、次のオブジェクトとアクションが一覧表示されます。

    評価: 作成、削除、読み取り、更新

    注釈: 作成、削除、読み取り、更新

    レコーディング: 作成、削除、読み取り、更新、復元要求、完全な復元、更新の保持、アーカイブ、エクスポート、放棄、保護の適用、保護の取り消し

     メモ:   監査証跡では、記録の表示とダウンロードを別々に追跡することはしません。 記録のページを表示することと記録をダウンロードすることの両方が「読み取り」としてリストされています。 

    評価調整: 作成、削除、読み取り、更新

    画面のレコーディング 作成、削除、読み取り、更新、復元要求、完全な復元、更新の保持、アーカイブ、エクスポート

    調査(S): 作成、削除、読み取り、更新