インタラクションの監査証跡を表示する

前提条件

    監査証跡を表示するには、品質管理者と品質評価者の役割が必要です。監査証跡を表示するには、次の権限が必要です。

    • 監査 > インタラクションの詳細 > 表示

    監査証跡タブは、記録へのアクセスや注釈、評価、調整の変更など、インタラクションがどのようにアクセスまたは変更されたかの履歴を表示します。

    1. パフォーマンスインタラクションをクリックします。
    2. 対話の行をクリックします。
    3. [Audit Trail] タブをクリックし、[すべての監査の読み込み] をクリックします。
    4. 画面の右側のフィルターを使用して、正しい監査ログにアクセスし、表示します。

    最初に [監査証跡] タブをクリックすると、画面は空白になります。

    画像をクリックして拡大します。

    最初に [Audit Trail] タブをクリックすると、画面は空白になります。

    すべての監査の読み込みをクリックすると、すべての監査のリストが画面に読み込まれます。

    画像をクリックして拡大します。

    すべての監査の読み込みをクリックすると、すべての監査のリストが画面に読み込まれます。

    インタラクションの監査証跡に含まれる情報

    監査証跡には、次のオブジェクトとアクションが一覧表示されます。

    評価:作成、削除、読み取り、更新

    注釈: 作成、削除、読み取り、更新

    レコーディング:作成、削除、読み取り、更新、復元リクエスト、復元完了、更新保持、アーカイブ、エクスポート、放棄、保護の適用、保護の取り消し

    注意:監査証跡では、記録の表示とダウンロードを別々に追跡することはしません。記録のページを表示することと記録をダウンロードすることの両方が「読み取り」としてリストされています。

    評価調整:作成、削除、読み取り、更新

    画面のレコーディング 作成、削除、読み取り、更新、復元リクエスト、復元完了、更新保持、アーカイブ、エクスポート

    アンケート作成、削除、読み取り、更新