スケジュールビュー

スケジュールに従ってリソースを実行するには、スケジュールビューを使用します。 各スケジュール エントリで、キャンペーンまたはシーケンスの開始時間と停止時間を定義できます。 スケジュールは、リソースの実行を自動化することで、アウトバウンド管理者を支援します。

月ごと、週ごと、または日ごとにスケジュールエントリを表示できます。 スケジュール ビューでは、各リソースが実行される時間が、スケジュールを見ているユーザーの現地時間で示されます。 わかりやすい現地時間で、いつ、何が実行されるかを一目で確認することができます。

タイムゾーン間のオフセットを計算する必要はありません。 Genesys Cloudは自動的にこれを行います。 スケジュール エントリを作成する場合は、特定のタイムゾーンにいるユーザーの現地時間を使って日付と時間を設定します。 例えば、ホノルルのタイムゾーンで 9 a.m に開始して、 6 p.m に終了するようにリソースをスケジュールすると、 ホノルルの連絡先はホノルル時間の 9 a.m から  6 p.m の間に電話を受信します。 電話がかけられます。 そのエントリを保存すると、スケジュールに自分の現地時間で開始時間と終了時間が表示されます。

スケジュールを手動で上書きすることができます。 キャンペーンの実行中、管理者は、スケジュールがキャンペーンを開始したかどうかに関係なく、[音声]または[デジタルキャンペーン]タブのステータスコントロールを使用して手動でキャンペーンを一時停止できます。

メモ: 
  • スケジュールエントリを定義するときは、指定されたタイムゾーンの誰かの現地時間の観点を使用して日付と時刻を入力します。

  • 逆に、スケジュールページビューでは、システムはスケジュールの日付と時刻をスケジュールを表示している人の現地時間に正規化します。 このプロセスにより、スケジュールがコンタクト センターのリソースに及ぼす影響を容易に把握できます。

  • スケジュール エントリの開始日は過去の日付にすることはできません。 ユーザー インターフェイスによりこの条件が検証され、「開始日は過去にすることはできません」と警告されます。

  • キャンペーンまたはシーケンスがスケジュールされた開始時刻にすでに開始されている場合、スケジュールは何もしません。

画像をクリック詳細は画像をクリックします。

スケジュールに表示されている期間を表示します。
ビューを変更して、毎日、毎週、または毎月の期間のエントリを表示します。
スケジュール期間(1か月、1週間、または1日)でページを早送りまたは巻き戻し
キャンペーンシーケンスエントリをスケジュールします。
カレンダーの現在の日付を表示します。
スケジュールに表示されている月、週、または日を表示します。
ビューを変更して、毎日、毎週、または毎月の期間のエントリを表示します。
カレンダーの現在の日付を表示します。
スケジュール期間(1か月、1週間、または1日)でページを早送りまたは巻き戻し
エントリーをスケジュールします。
エントリーをスケジュールします。
スケジュールに表示されている月、週、または日を表示します。
ビューを変更して、毎日、毎週、または毎月の期間のエントリを表示します。
カレンダーの現在の日付を表示します。
スケジュール期間(1か月、1週間、または1日)でページを早送りまたは巻き戻し
特定の曜日のスケジュールエントリを表示します。

手順